国際恋愛 ~文化の違いをどう乗り切るか・海外生活とアイデンティティの再構築

国際恋愛 ~文化の違いをどう乗り切るか・海外生活とアイデンティティの再構築

国際恋愛 ~文化の違いをどう乗り切るか・海外生活とアイデンティティの再構築

一口に「文化の違い」「カルチャーショック」と言っても、人によって、感じ方、受け止め方は千差万別です。

私の場合、歯茎からごそっと歯が抜け落ちるような、喪失感に近いものがありましたが、軽度で済んだのは、「出来ないものは、出来ない」と開き直るのが早かったからだと思います。

ある国際結婚系の掲示板の管理人さんが、こんなことを書いておられました。

「とにかく愚痴でも悪口でもいいから、口に出して発散することだ。
内に溜めずに、どんどん言った方がいい」

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG