一生懸命 ~中途半端はかえって失敗の元

仕事でも、勉強でも、趣味でも、何でも、一生懸命に取り組めば、何が起きても納得するし、心から満足できるものだ。

下手な慰めなんかじゃなく、言い表せないほどの充実感を得られる。

それは恋愛においても同じ事。

結果なんか関係ない。

要は、自分がどれだけ真剣に取り組んだか――、それが心の満足度を決める。

確かに、楽しい事ばかりではないけれど、つらい出来事がすべて不幸につながるわけじゃない。

すべてが過ぎ去ってみると、結果や過程にかかわらず、「一生懸命、取り組んだ」という充実感だけが残る。

人間関係においては、何が成功で、何が幸せかを、物や形で確かめることはできないけれど、最後に充実感を得られれば、それは何にも勝る宝なのだ。

言うべきことは、ちゃんと言う。

向き合う時は、しっかり向き合う。

つらくても、逃げ出さない。

感情にまかせて、投げ出さない。

その時、その時の課題を、一生懸命クリアすれば、やがて、目指す境地に辿り着けるものだ。

中途半端にするから、結果の良し悪し、経過の良し悪しだけで、すべてを判断してしまうのだろう。

あらゆる波を乗り越えて、ふと振り返った時、あの場面も、この場面も、すべていとおしく思えるなら、それは最高の体験なのだ。

そして、その積み重ねが、本当の意味で人生を豊かにしてくれるのだと思う。

非常に難しい状況の中での恋愛だったけど、経験できて、本当に良かったと思う。

今はただ、すべての出来事に『感謝』あるのみです。

初稿: 2002年8月12日

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG