ダメ親こそ成功のモチベーション ~立派で優しい親が子供を幸せにするとは限らない

ダメ親こそ成功のモチベーション ~立派で優しい親が子供を幸せにするとは限らない
あなたに知って欲しいこと

立派な親が必ずしも子供に良い影響を与えるとは限りません。ダメ親だからこそ、反面教師にして、子供が賢くなることもあります。優しい親に甘やかされるより、冷たく突き放される中で育つ自立心もあります。大事なのは自分の人生と志です。ダメ親だからこそ、あなたは幸せになる必要があるのです。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

私の大好きな演劇マンガの金字塔『ガラスの仮面』に、こんな場面があります。

ラーメン屋の住み込み従業員の母親に育てられた北島マヤは、TVドラマの物真似が得意な凡庸とした中学生です。
しかし、往年の大女優、月影千草に演技の才能を見込まれ、千草の主催する劇団に入団します。
「お前みたいでノロマで、何の取り柄もない貧乏人の娘が、女優になどなれるわけがない」と反対する母親の制止を振り切って、マヤは劇団の寄宿舎に転がり込みます。母親は娘の後を追い、千草に「娘を返せ」と食ってかかります。

しかし、千草は、娘の可能性を潰すつもりか、と母親を説き伏せ、マヤを庇います。その後、考えを改めた母親は「娘をよろしくお願いします」と、苦しい心情を綴った手紙を送りますが、千草はそれをマヤには渡さず、破り捨ててしまいます。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる