MENU

ダメ親こそ成功のモチベーション ~立派で優しい親が子供を幸せにするとは限らない

あなたに知って欲しいこと

立派な親が必ずしも子供に良い影響を与えるとは限りません。ダメ親だからこそ、反面教師にして、子供が賢くなることもあります。優しい親に甘やかされるより、冷たく突き放される中で育つ自立心もあります。大事なのは自分の人生と志です。ダメ親だからこそ、あなたは幸せになる必要があるのです。

私の大好きな演劇マンガの金字塔『ガラスの仮面』に、こんな場面があります。

ラーメン屋の住み込み従業員の母親に育てられた北島マヤは、TVドラマの物真似が得意な凡庸とした中学生です。
しかし、往年の大女優、月影千草に演技の才能を見込まれ、千草の主催する劇団に入団します。
「お前みたいでノロマで、何の取り柄もない貧乏人の娘が、女優になどなれるわけがない」と反対する母親の制止を振り切って、マヤは劇団の寄宿舎に転がり込みます。母親は娘の後を追い、千草に「娘を返せ」と食ってかかります。

しかし、千草は、娘の可能性を潰すつもりか、と母親を説き伏せ、マヤを庇います。その後、考えを改めた母親は「娘をよろしくお願いします」と、苦しい心情を綴った手紙を送りますが、千草はそれをマヤには渡さず、破り捨ててしまいます。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る →

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる