NO IMAGE

darkness 闇もまた優しい – Respiration Ⅰ-

陽が当たりそうで 当たらない
そんな暗闇を生きている

生きることに意味があったのは
言葉も知らぬ 無垢な頃

何が私を変えたかは
もう遠い昔のことなので
語る気にもなれない

せいぜい
渇いた道すがら
蜃気楼のように
夏の陽を思い出すぐらいで

…そうして私は 幾度も闇に落ちる
悲鳴など上げもせず
落ちて行く

闇もまた優しい
すりきれた私には

希みを持つことも
忘れさせてくれる

初稿:2000年秋

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

夜明け 断崖

自信は、相手より強いから、相手より優れるから、湯水のように湧いてくるのではありません。物事が上手くいかない時も、相手に負けた時も、どれだけ自分という人間を信頼して、これからも続けていけるかです。そういう心境になれば、勝ち負けは一つの結果に過ぎず、自分はプロセスを生きているのだという実感が湧きます。それこそが、自分の人生を愛することの意味なのです。

NO IMAGE

陽が当たりそうで 当たらない そんな暗闇を生きている 生きることに意味があったのは 言葉も知らぬ 無垢な頃 何が私を変えたかは もう遠い昔のことなので 語る気にもなれない せいぜい 渇いた道すがら 蜃気楼のように 夏の陽を思い出すぐらいで […]

ピアノ

「お前、愛はないのかい?」「誰に対して」「家族に対してだ」「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」