カナッペ

出会いを生かすのも能力の一つ

カナッペ

私は「出会い」を生かすのも、一つの人間の能力だと思っている。
同じ出会っても、何も感じず、何も学べなかったら、それは出会わなかったと同じ事。
人との出会いは、物体と物体の衝突ではない。
『1+1=3』の、心と心の融合だ。
人生は、どんな人と出会い、何を得たかで決まる。
「出会い」から何も掴めず終わってしまうのは、答案用紙を白紙で返すのと同じなんだよ。

2001年2月23日配信のメールマガジンより

Tags:

詩想と引用の関連記事

アルファベット

皆さんには好きなアルファベットがありますか? 映画「フィフス・エレメント」では、主人公のブルース・ウィルスが、地球を救う“至高の存在”、美女リールーに「地球の歴史をどこまで学んだ?」と尋ねるシーンがあります。 リールーが、「『V』まで」と答 […]

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

運命は、それ自体に意味はないの。そこに意思が働いて初めて、意味のある何かになるのよ。あの人が栄光を掴んだとしても、それは幸運ではなく意思の勝利よ。運命のお膳立ては、決して本人の目には見えないのだから

世界は変わる 変えると決めた人が変えるのだ

心の海が凪いでいる 目の前は 未だ黒い雲が垂れ込め 水面には陽も射さないけれど それを見つめる眼は 不思議なほど穏やか まるで心の海を映し出すように 風は荒ぶり 波は切り立つ それでも彼は水際に立ち 一人静かにつぶやくのだ 「世界中で この […]