カナッペ

出会いを生かすのも能力の一つ

カナッペ

私は「出会い」を生かすのも、一つの人間の能力だと思っている。
同じ出会っても、何も感じず、何も学べなかったら、それは出会わなかったと同じ事。
人との出会いは、物体と物体の衝突ではない。
『1+1=3』の、心と心の融合だ。
人生は、どんな人と出会い、何を得たかで決まる。
「出会い」から何も掴めず終わってしまうのは、答案用紙を白紙で返すのと同じなんだよ。

2001年2月23日配信のメールマガジンより

Tags:

詩想と引用の関連記事

花

『失楽園』ブームがあまりに強烈だったため、渡辺淳一といえば「性愛小説家」というイメージがありますが、私は『女性に優しい作家』として読んでいます。 特に過去のエッセイなど読んでいると、とにかく女性を見つめる眼が優しい。 ブスと呼ばれる女性にも […]

海のように深く沈潜する

彼もこの海と同じだ。 全てが止まったように見えるが、心の中では生まれたり、悟ったり、日一日と変わりつつある。 どん底に落ちたというのに、目の前は不思議なほど清明だ。 喩えるなら、がむしゃらに突っ走っていたレーシングカーが壁に激突し、ようやく […]

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

「人生を無駄にする」ということは、負けて、劣って、終わることではない。本当の自分を理解しないまま、言い訳にうもれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことだ。たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せである。