いい男と知り合うことが「出会い」ではない 【素敵な彼に出会うまで】

いい男と知り合うことが「出会い」ではない

いい男と知り合うことが「出会い」ではない 【素敵な彼に出会うまで】

「出会い」というと、ある日突然、目の前に「イケメン・高収入」が現れて、「付き合って下さい」と告白されることだと思ってません?

相手がいい男なら、出会い。

そうでないなら、それ以外。

「出会い=私にだけ用意されたスペシャルな機会」と勘違いしている女性は少なくないと思います。

ところで、あなたの「素敵」の定義は何ですか

自分のフィルターに引っかからないものは、すべて無価値なのでしょうか。

たとえ素敵な男性が目の前に現れても、あなたがその良さに気付かなければ、出会わないのと同じです。

相手の良さが見えなければ、誰と出会っても「いい男がいない」と嘆くことになるのです。

『人柄の良さ』というのは、紙に書いて、相手の首にぶら下がっているものではありません。

あなたが気付かない限り、相手の良さなど永久に分からないし、そもそも人間の美徳について理解する器がなければ、誰と出会っても、何所でどのように付き合っても、「いい男がいない」でしかないのです。

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

あなたのお子さん、夜中に「親 死ね」「親 殺したい」と検索していませんか? なぜ彼らは親の死を願い、殺したいと考えるのか、子どもの自立とは何かを考えるコラム集。
詳しくは、note.com 「親の死を願う子供たち」をご参照下さい。
親の死を願う子供たち

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG