自転車

心にとっての《死》

自転車

『死』というなら、生きる支えも、信じられるものも無くして、絶望と虚無感に取り憑かれること。

《曙光》MORGENROODのボツ部

「そういう意味では、俺は生きながらに死んでいるのも同じこと」

と続く。

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

吹けば飛ぶような命でも、後進に道を示すことはできる。

人間の真の偉大さは、「明日世界が滅ぶと分かっても、リンゴの木を植える」という精神にあると思う。それが本能ゆえか、培われた高貴さかは分からないけれど、常に次代を思わずにいないのは、《生きよう》とする意思は、地上のあらゆる力を凌駕するからに違いない。

愛の効能

私の想いを大切にしてくれる、ということは、 私という人間を大切にしてくれている、ということ。 だから私も、自分という人間を愛せるようになったのよ。 三番街にピアノが鳴ったら

なぜ、うちの子だけ

「本当のことを言って下さい」という人がいる。 でも、多くの人は、本当のことを言うと急に怒り出す。 ゆえに、世間はだんだん本当のことを言わなくなる。 誰も本当のことを言わないから、大切なことも伝わらない。 過ちは過ったまま、正されることもない […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG