魚 海

水深4000メートルの愛 ~相手からは見えないけれど

魚 海

「まあ、それが今まで独身できちゃった所以。もっとも、私のこの顔じゃあ、男も遠慮して寄りつかないでしょうけど」
「そんなことないよ。今からでもプロポーズすればいい。相手は戸籍上、独身だろう? だったら何も問題ないじゃないか」
「……あなた、ずばっと直球な事を言うのね」
「それだけが取り柄でね」
「でも、そう簡単じゃないわよ」
「どうして」
「口に出して言わなきゃ、分からない?」
「分からんね」
「私も、一応、『女』だってことよ」

「女の私から言い出すなんて、夢がないじゃないの」
「なるほど」
「ただでさえ、この十五年間、何の興味も示されなかったのに、突然、直球なんて投げられるわけがないじゃないの。この年になって一世一代の求愛を鼻先であしらわれたら、いくら私でも生きて行けないわ」
「じゃあ、君は、十五年間も黙って側で見てたわけ?」
「大きな声で言わないで! 」

「案外、相手も、同じことを考えてるかもしれないよ」
「どんな風に?」
「今まで隣人づきあいして、年も離れて、離婚歴もあるのに、今更、好きだの、結婚だの、気恥ずかしい」
「それはないわ」
「どうして分かる?」
「だって、向こうにチラとでも気があるなら、何かしらアクションがあるでしょう。食事に誘うとか、身体に触るとか。でも、この十五年間、本当に何も無かったんだもの、悲しいくらいにね」
「必ずしもそうとは限らないよ。気持ちを秘めれば秘めるほど、表面的には無愛想に見えるんじゃないかな、海と一緒で」「

「あなた、おもしろい事を言うわね」
「水深四千メートルの愛情だ。きっと、そうに決まってる」

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) のボツ原稿

※オリガとヴァルターの会話。ワディとは妙齢の男女の仲という設定だった。

文書作成:2012年4月17日

Tags:

詩想と引用の関連記事

哀れで不幸な女

今 私ほど不幸な女もないだろう 空は灰色 地には空っ風 憂鬱以外 何もありゃしない 恋に憑かれてからというもの―― 恋は一瞬にして 心の平安を奪ってしまった 今じゃ希望も悦びも あなたなしには あり得ない あなただけが唯一私を救うことができ […]

ピアノ

「お前、愛はないのかい?」「誰に対して」「家族に対してだ」「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」

銀河

『善行を積めば、あの世にとこしえの幸せが用意されている』というファンタジーは、名も無き善人にとって、最後に残された砦といえる。 現世で栄耀栄華を味わっている人は、あるかどうかも知れない『あの世の幸福』とやらに何の興味も持たないだろうし、それ […]