海洋情報ネットワーク データベース

デザインとは思想そのもの ~創意工夫を色と形に表す

海洋情報ネットワーク データベース

一般に、「デザイン」と言えば、「絵や工作の得意な人が作る」というイメージがありますが、デザインの本質は『作り手の哲学』にあり、美しい色彩や使いやすい形などは、あくまで表層に現れた結果に過ぎません。

たとえば、誰かがコーヒーカップをデザインしたとします。

コーヒーカップの存在意義は「コーヒーが飲めること」ですが、一口にカップと言っても、ピンからキリまであって、安く大量生産された白色無地のカップもあれば、芸術にまで高められた色形の美しいカップまで、実に様々です。

一つ一つのカップをよく見れば分かると思いますが、見た目重視で、取っ手の小さなカップもあれば、カップの縁が微妙にカーブし、唇にやさしくフィットする種類のカップもあります。また、こだわり派のcoffee lover が好みそうなモノトーンのカップもあれば、若い女の子が「カワイ~」と思わず手に取りそうな色柄のカップもあり、それぞれが工夫を凝らして、存在感をアピールしています。

それら全て、作り手の哲学の集積といっても過言ではありません。

子供でも安全に保持できるカップもあれば、見た目は綺麗だけど、妙に持ちにくいカップもある。

テーブルに置くだけで、ほっこりした気分になるカップもあれば、色形ともにユニークだけど、どこか好きになれないカップもある。

それは、作り手が、そういうセンスと考えの持ち主だから、色形に表れただけで、それ以上のものでも、それ以下のものでもありません。

言い換えれば、この世に存在するあらゆる道具、建物、ポスター、しいては、町の作りまで、全ては作り手の精神の表れであって、その人となりと無関係な物は一つとして存在しません。

たとえスプーン一本でも、そこには作り手の思想が込められていて、我々は、色柄や形を通して、その思想に触れているのです。

当然のことながら、好ましい思想――ユーザーに対する思いやりや遊び心、責任感など――が、より一層、形として現れれば、それは色形を通して社会全体に広がります。家族でディズニーランドに行くと、大人でも愉快な気分になるし、京都の竜安寺に行けば、子供もどこかかしこまるのと同じです。

社会を変える一つの手立てとして、「好ましく感じられるもの(デザイン)を増やす」というのは、確かに一つの手立てと思います。

(もちろん、それとは真逆のものが存在しても構いませんが、そこはバランスとセンスの問題です)

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimited、Googleブックスで公開中。無料PDFもダウンロードできます。

CTR IMG