英雄的行為=自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くこと

英雄的行為=自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くこと『悦ばしき知識』

[su_quote cite=”ニーチェ全集〈8〉悦ばしき知識 (ちくま学芸文庫) “]英雄的にさせるものは何か。
「自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くことがそれだ」
[/su_quote]

これも『悦ばしき知識』の一節です。
正直、ニーチェの説く生き方は、無茶苦茶キツイ。

そりゃもう生きることも闘うことも止めて、
ノンベンダラリと流された方が楽に決まってる。

だけど、それでは空しさしか残らない。
本当の悦びも勝利も無い、とニーチェは説いてる訳です。

ところで彼はシアワセだったんでしょうか?

晩年には精神を病み、孤独の中に一生を終えた彼ですが、
もし言葉を交わすことができるなら、一度お聞きしてみたいもんです。

(愚問と叱られるかもしれんなあ (^^;)

初稿:1999年1月31日

最高の苦悩と最高の希望に向かって、同時に突き進んで行くことです、って!

車に喩えたら、アクセルとブレーキを同時に踏み込むようなものでしょうか。

下手すれば、シャフトが飛びそう。。

などという冗談はさておき……

そもそも『苦悩』など持てる時点で、その人の人生は相当に恵まれているといえる。

多くの人は、苦悩よりも不足、希望より妥協に心を痛めるものだからだ。

苦悩と呼ぶにふさわしい人生の課題を持てること自体、心の贅沢であり、選民に近い。

そのようにハイレベルな知性と精神に恵まれて、なおこの世に何を求めるのかと思う。

あるいは、人間が真に幸福になるには、「研ぎ澄まされた感性」だの「卓越した見識」だの「高級な知性」といったものは全く必要ないのではないか。

そこで私の悦ばしき知識は、こう言う。

ひたすら無知で、鈍感であれ

鞭で叩かれても、何も感じない人間こそ、最強にして不滅。

ガラス細工と同じで、高度なものほど脆い。そうではないか?

それでもなお、自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くことに重きを置くならば、私たちは天に向かってこう言おう。

”どうぞ、知性を得る以前に戻して下さい。

そうすれば、私たちは、ただ食らい、眠るだけの人生に、YESと言えますから”

毎日、うまい酒と楽しい仲間さえあれば満足な人がある一方で、最高の苦悩と希望を追い求める人間がいる。

そのギャップこそ、苦悩の根源ではあるまいか。

世の全ての人が道理に明るければ、苦悩など感じようがないから。

Tags: ,

哲学と思想の関連記事

本 読書

17世紀から今日に至るまで、ニーチェやショーペンハウアーといったヨーロッパの知識人に読み継がれた『知恵の書』。『人づきあいの知恵』『自分づくりの知恵』『仕事に関する知恵』『友情を育てる知恵』『ライバルに差をつける知恵』『人から愛される知恵』『ツキと幸運を呼び込む知恵』『よりよい人生を送る知恵』など読みやすい人生訓。

曙光

東向きの部屋に移り住み、昼夜逆転の生活をするようになってから、夜明けを目にすることが多くなりました。 私はそれまで『日の出』というものを見たことがなく、いつも頭上で燦燦と輝く太陽しか知らなかったのですが、初めて曙光を見た時、胸にしみいるよう […]

カール・マルクス

生産システムの変革により労働者の救済を試みたマルクス。資本主義社会において、労働とは何か、賃金とは何かを、社会科学的に分析する。『すべてを疑え』の精神は現代の職場環境にも通じる。あなたは自分の労働が適正に報われていると思うだろうか。