親子の間にも距離は必要 ~ヤマアラシのジレンマから学ぶ

2020 3/02

あなたに知って欲しいこと

親子といえど、心をもった、一対一の人間関係。くっつきすぎても、離れすぎても、心は温まりません。ショーペンハウワーの寓話『ヤマアラシのジレンマ 」のように、子供と適切な距離をあけてみませんか。物理的に距離を置くことで、逆に解り合えることもあります。人間関係の適切な距離は、いっそう愛と信頼を深めるものです。

ドイツの哲学者、ショーペンハウワーのたとえ話に、「ヤマアラシのジレンマ」というものがある。

これは、二匹のヤマアラシがお互いを温め合おうとして、近く寄り添うのだけれど、お互いの針で傷つけ合って、上手く抱き合うことができない。そうして、くっついたり、離れたりしながら、やがてお互いに適切な距離を見出す――という、たとえ話だ。

これは親子にも当てはまるのではないか。

たとえば、子供はママにもっと構って欲しくて、ペタっとくっついてくるけれど、ママも虫の居所によっては態度が悪かったり、自分の事で精一杯だったりして、いつもいつも「優しいママ」であるとは限らない。

子供は、ママの「イライラ」や「自分勝手」の針に刺されて遠ざかり、しばらくは寄り添うことをあきらめるのだけれど、やっぱり温めて欲しくて、近くに寄ってくる。

その繰り返し。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る → https://note.mu/poetry/n/ncd888fa12026

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる