アントワープ

『フランダースの犬』に対するベルギー人の価値観

アントワープ

日本では名作アニメとしても超有名な『フランダースの犬』。

だが地元ベルギーではさっぱりらしい。

なぜなら、ネロ少年は十五歳の割に(日本のアニメでは子供のように描かれていますが、原作では十五歳の立派な少年です)自立心に乏しく、“愛犬と一緒に好きな絵の前で野垂れ死に”というのは、余りにお粗末な最後というのが、ベルギー国民の率直な意見だからだそうだ。

貧乏だろうが、泥棒扱いされようが、十五歳にもなれば、自分で人生を切り開き、逞しく生き延びねばならない。それがベルギー国民の価値観だ。

母性の国、日本では、皆がネロ少年の悲劇に涙する。だが、海の向こうには、それを惰弱と見る父性の国もある。そして、今の日本に欠けているのは、そうした厳しさであるような気がする。

ちなみにワタシ、タオル一本、洟と涙でおしゃかにしました。

でも「十五歳」という設定には正直ビックリした。

「ネロって、もう大人だったのね」 ──アロア

2000/03/02のメモ書きより

*

この「あとがき」が書かれていたのは、確か新潮文庫だったと思うのですが、最新版では別の人のあとがきに変わっているかもしれません。

上記は図書館で借りた時に書いたメモ。

 フランダースの犬 (新潮文庫) (文庫)
 著者  ウィーダ (著), 花子, 村岡 (翻訳)
 定価  ¥440
 中古 47点 & 新品  ¥1 から

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG