アントワープ

『フランダースの犬』に対するベルギー人の価値観

アントワープ

日本では名作アニメとしても超有名な『フランダースの犬』。

だが地元ベルギーではさっぱりらしい。

なぜなら、ネロ少年は十五歳の割に(日本のアニメでは子供のように描かれていますが、原作では十五歳の立派な少年です)自立心に乏しく、“愛犬と一緒に好きな絵の前で野垂れ死に”というのは、余りにお粗末な最後というのが、ベルギー国民の率直な意見だからだそうだ。

貧乏だろうが、泥棒扱いされようが、十五歳にもなれば、自分で人生を切り開き、逞しく生き延びねばならない。それがベルギー国民の価値観だ。

母性の国、日本では、皆がネロ少年の悲劇に涙する。だが、海の向こうには、それを惰弱と見る父性の国もある。そして、今の日本に欠けているのは、そうした厳しさであるような気がする。

ちなみにワタシ、タオル一本、洟と涙でおしゃかにしました。

でも「十五歳」という設定には正直ビックリした。

「ネロって、もう大人だったのね」 ──アロア

2000/03/02のメモ書きより

*

この「あとがき」が書かれていたのは、確か新潮文庫だったと思うのですが、最新版では別の人のあとがきに変わっているかもしれません。

上記は図書館で借りた時に書いたメモ。

 フランダースの犬 (新潮文庫) (文庫)
 著者  ウィーダ
 定価  ¥ 432
 中古 67点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.5 (24 件のカスタマーレビュー)

Tags:

文学・哲学・寓話の関連記事

カール・マルクス エンゲルス

マルクスの思想の真髄は労働者が資本主義社会における立ち位置を理解し、高い社会意識をもって仕事に取り組むこと。労働者が人として尊重され、各自の能力が社会に活かされる点にある。私たちは日常のささやかな改革を行うことで、自身も周りも幸福にすることができる。それが革命やイデオロギーよりも大切なマルクスの願いである。

[su_quote cite=”釈迦の名言108の知恵―今日を生き、明日への希望を開く指針 松涛 弘道(著)“] いくらみにくい世の中にあっても いつも自分を見失わず できるだけ多くのものを見聞きし そのこころをすな […]

窓 女性

フランツ・カフカ『寓話集』の短編より。いつまで待っても現れない皇帝の使者。それは待つ者にとって本当に悲劇なのか。待つ時間にこそ本当に幸せがある、というたとえ話。