アントワープ

『フランダースの犬』に対するベルギー人の価値観

アントワープ

日本では名作アニメとしても超有名な『フランダースの犬』。

だが地元ベルギーではさっぱりらしい。

なぜなら、ネロ少年は十五歳の割に(日本のアニメでは子供のように描かれていますが、原作では十五歳の立派な少年です)自立心に乏しく、“愛犬と一緒に好きな絵の前で野垂れ死に”というのは、余りにお粗末な最後というのが、ベルギー国民の率直な意見だからだそうだ。

貧乏だろうが、泥棒扱いされようが、十五歳にもなれば、自分で人生を切り開き、逞しく生き延びねばならない。それがベルギー国民の価値観だ。

母性の国、日本では、皆がネロ少年の悲劇に涙する。だが、海の向こうには、それを惰弱と見る父性の国もある。そして、今の日本に欠けているのは、そうした厳しさであるような気がする。

ちなみにワタシ、タオル一本、洟と涙でおしゃかにしました。

でも「十五歳」という設定には正直ビックリした。

「ネロって、もう大人だったのね」 ──アロア

2000/03/02のメモ書きより

*

この「あとがき」が書かれていたのは、確か新潮文庫だったと思うのですが、最新版では別の人のあとがきに変わっているかもしれません。

上記は図書館で借りた時に書いたメモ。

 フランダースの犬 (新潮文庫) (文庫)
 著者  ウィーダ
 定価  ¥ 432
 中古 70点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.5 (24 件のカスタマーレビュー)

Tags:

文学・哲学・寓話の関連記事

海

今は、書を閉じて、バレンタインを君と祝おう。私の青春を支えてくれた、「ツァラトゥストラ」と共に。『のぼれ、のぼってこい、お前、偉大なる正午よ──』その陽の中に、ハート型の輝きがある。

美輪明宏

厳しくも愛のこもった言葉で若い女性にも人気のある美輪明宏のの著書。代表作『愛の話 幸福の話』『地獄を極楽にする方法』『強く生きるために』『天声美語』『光をあなたに―美輪明宏の心麗相談』『人生ノート』『ああ正負の法則』『世なおしトークあれこれ』『乙女の教室』について内容紹介と感想を掲載。本選びの参考にどうぞ。

かもめ

先日、カフカの『審判』を読み始めたものの、途中で真綿で首を絞められるような息苦しさを感じ、挫折。(そもそもカフカの作品に幸福感を求めてはいけない)。 その代わりに選んだのが『かもめのジョナサン』だ。 かもめのジョナサンといえば、一人群れから […]