『フランダースの犬』に対するベルギー人の価値観

日本では名作アニメとしても超有名な『フランダースの犬』。

だが地元ベルギーではさっぱりらしい。

なぜなら、ネロ少年は十五歳の割に自立心に乏しく(日本のアニメでは子供のように描かれていますが、原作では十五歳の立派な少年です)、“愛犬と一緒に好きな絵の前で野垂れ死に”というのは、余りにお粗末な最後というのが、ベルギー国民の率直な意見だからだそうだ。

貧乏だろうが、泥棒扱いされようが、十五歳にもなれば、自分で人生を切り開き、逞しく生き延びねばならない。それがベルギー国民の価値観だ。

母性の国、日本では、皆がネロ少年の悲劇に涙する。

だが、海の向こうには、それを惰弱と見る父性の国もある。

ちなみにワタシ、タオル一本、洟と涙でおしゃかにしました。

でも「十五歳」という設定には正直ビックリした。

「ネロって、もう大人だったのね」 ──アロア

2000/03/02のメモ書きより

*

この「あとがき」が書かれていたのは、確か新潮文庫だったと思うのですが、最新版では別の人のあとがきに変わっているかもしれません。

上記は図書館で借りた時に書いたメモ。

 フランダースの犬 (新潮文庫) (文庫)
 著者  ウィーダ (著), 花子, 村岡 (翻訳)
 定価  ¥440
 中古 68点 & 新品  ¥1 から

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる