エディット・ピアフ

エディット・ピアフに捧ぐ ~小さな雀

エディット・ピアフ
天国への階段は
悲しみと苦しみでできていると
あなたは言った

幸せなんて
小さな踊場に過ぎないと

歌は
時に涙のように
あなたの胸から零れ落ちる

葉の上の滴が
その重みに耐えきれずに
滴り落ちるように

だけど そんな哀しい響きさえ
あなたが歌えば
一篇の詩になる

曇った涙の滴が
澄んだ水晶の玉になるように
あなたは あらゆる影を
光に変えてしまう

あの街角で
あの辻で
人は耳を傾けずにいない
同じ痛みをもつ
あなたの声に

あなたの歌う
豊かな人生に

愛にあふれた
小さな雀(ピアフ)
与え 与えて
この世を去った

太陽が 地上に
何の見返りも期待しないように

だけど あなたが注いだ光は
永久に輝きつづける
人の世がある限り

その眼から
涙が消えぬ限り

美輪明宏の演劇『愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯』を見た日に書いたもの

初稿:2002年5月2日

Tags:

詩想と引用の関連記事

真剣に考えること

自分自身について真剣に考えることは生きる道を開いてくれる。

幸せになるのが怖い

世の多くの人は 孤独が苦手というよりも 周りの人に『ぼっち』とか『孤独な奴』とか思われるのが苦痛なんだよね 世の多くの人は 案外 一人で居るのが好きなはずだけど 周りの目が気になって 一人で居られない そして だんだん 強迫神経症みたいにな […]

愛の本質は、愛が終わる時に分かる

愛の無い人だったからこそ、私は掛け値なしの想いをあげた。 そして、それを、あの人は心から受け取り、大事にしてくれた。 私はあの人に、自分の想いが偽りでないことを証さねばならない。 あの人が、私の想いを心底信じ、自分のものにしてくれて初めて、 […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG