CATEGORY

言葉の倉庫

  • 2019年4月11日

『40代は最高』もう怖いと思わない キャメロン・ディアスのインタビューより

たくさんのくだらない物がはがれ落ちる最高の年齢。女性はこの年になると物事の進め方が分かったり、そんなことにはこだわったりしなくなる。もう怖いとは思わなくなる。男性がどう思うかなんて気にしない。時がたつと恐ろしいことが起きるという不安はなくなる。

  • 2019年8月21日

幸せを相手に依存する

「依存」なんてしてない―― と思っていても、人は何かに依存しているものです。 そして、それに気付くことなく、いつの間にか、自分の心や行動を自分自身で縛り付けているのが「依存」の恐ろしいところですね。 一口に「依存」といっても、麻薬やアルコー […]

  • 2019年4月1日

やりたい職業がなければ、どうやって生活していくか考えよう

「私は偏差値50くらいで得意科目は数学や化学です。面倒くさがりでネガティブですが、人と触れ合うのは好きです。小さい子は苦手です。なにか向いている職業はありませんか」という高校生の為のキャリア相談室より。やりたい事もない。夢もない。何をしていいか分からない。ならば、これから先、どうやって生活していくかを考えようという話。

  • 2019年8月19日

十七歳のオイディプス 「親 死ね」「親 殺す」の正体

十七歳のオイディプス 次の進路で人生が決まる 西暦二〇〇〇年頃、十七歳前後の少年による凶悪犯罪が相次ぎ、『キレる十七歳』という言葉が世間の注目を集めました。この頃の十七歳が特別悪いわけではありませんが、十七歳前後にこれまでの鬱憤が爆発して、 […]

  • 2019年8月19日

『親を殺すか、自分が死ぬか ~現代の親殺しとオイディプスの幸せ道』のあとがき

現代は様々なネットサービスが発達した結果として、人の魅力や能力など、いろんなものが可視化され、大勢の評価や共感を得られない人にはだんだん生きづらい世の中になっています。 高校生の頃にも、学校カーストやドロップアウトは存在しましたが、一人一人 […]

  • 2019年8月22日

現実逃避とがむしゃらな行動

とうとう全てに躓き、海辺でこれまでの行いを内省しながら思う。一生懸命、勤勉、、向上、頑張り、絶え間なく努力する人は少なくないが、一見、向上心に溢れるように見えて、その実、何かから逃げ回っているかもしれない。

  • 2019年8月19日

十八歳の決断 人は二度生まれる

十八歳の決断 人は二度生まれる   フランスの思想家、ジャン・ジャック・ルソーの名言に「人は二度生まれる。一度目は存在するために。二度目は生きるために」というものがあります。 私がこの言葉を実感したのは十八歳の時でした。 しかし、どんな強力 […]

  • 2019年8月20日

傷つけ合わない親子関係など、ない

親子は仲が好いにこしたことはないですが、怒りもすれば憎みもするのが愛の別の一面です。 隣のおじさんに嫌なことを言われたからといって、全力で憎む人など皆無でしょう。 なぜって、元から興味も関心もないからです。 しかし、親子は切っても切れない関 […]