MENU
恋と生き方のエッセー、子育てコラムは移転しましたsanmarie*com

Evernote 複数アカウントで資料整理とプロット構築に応用

Evernoteのプレミアム版では、複数アカウントを取得して、同時に複数のEvernoteを編集することが可能です。

プレミアム版のメインアカウントを『情報収集』、サブアカウントを一作品限定のアカウントに定め、『資料整理』や『プロット構築』『メモ置き場』に使いたい方には非常におすすめなので、簡単に方法をご紹介します。

Evernote

※ 縮小画像はクリックするとLightBoxで拡大します。

Evernoteのサブアカウントを取得

Desktop版の『ファイル』→『別のユーザを追加』をクリックして、新規アカウントを開設するだけです。

メルアドだけで取得可能です。

Evernote サブアカウントの取得

Evernote 新規ユーザで無料アカウントを登録。

アカウントの登録が完了すれば、登録したメルアドに確認のメールが送られてきます。

Evernote 新規アカウント

次に、メインアカウントのEvernoteから共有したいノートブックを選択して、右クリック。

ノートブックを共有』を選択します。

ノートブックの共有

共有先を指定するダイアログが表示されるので、新規に取得したサブアカウントのメルアドを登録。

メルアドの登録

共有を確認する招待メールが届いたら、『招待を受託する』をクリックします。

以後、このメルアドは、共有先として承認され、いつでもノートブックを共有することができます。

複数アカウントのEvernoteを同時編集

次にサブアカウントのEvernoteを開き、『他のユーザからの共有』を開きます。

最初の段階では、ノートブック直下のノートの数は『(0)ゼロ』で、同期の作業が必要です。

項目の上で右クリックして、『ノートに参加』を選択。

他のユーザからの共有

ノートの同期が始まります。

同期が完了したら、ノートの数を確認して下さい。

ノートを同期中

下図のように、複数アカウントのEvernoteの同時編集が可能です。

メインアカウントの資料を見ながら、サブアカウントのEvernoteに順次、必要な情報をまとめていくと便利です。

複数のEvernoteを使いこなす

Evernote 対 Scrivenerとの違い

EvernoteとScrivenerと、どちらがお買い得? という質問に関しては、

・ 一覧性(俯瞰性)を高める ・・・ Evernote

・ 細部まで作り込む ・・・ Scrivener

Evernoteのメリットは、『ノートリスト』(真ん中のパネル)のビューを「カードビュー」や「トップリスト」に切り替え可能で、ノートの概要(シノプシス)が「テキストのみ」のScrivenerより分かりやすいという点です。

またScrivenerのように、いちいちSynopsis(シノプシス)を記入する必要がなく、ビューの見出しを自動生成してくれるのも有り難いです。

これが通常の「サマリービュー」。

サマリービュー

「カードビュー」はノートのテキストが把握しやすい。

カードビュー

「トップビュー」は全体を俯瞰するのに便利。表示する項目を変更することもできます。

トップリスト

Scrivenerにもアウトラインの機能はあるのですが、Synopsis をいちいち記入しないといけないので、Evernoteのように、ぽんぽんとノートを作成することはできないんですね。

アウトラインのテキストを追加

コルクボードの機能も同様です。メインのテキストと、Synopsisは別なので、面倒といえば面倒。

逆に、第二段階で、ストーリーをもう少し作り込みたい場合は、Scrivenerの方が向いています。

「Synopsis + 下書き」をワンセットで作成できるので、Evernoteより、もう一段、細密なプロットを構築することが可能です。

Scrivener概要

ステップとしては、Evernote → Scrivener といったところでしょうか。

スピード的には、Evernoteの方が格段に早く、また一覧性に富んでいるので、そこを順次使い分ければいいと思います。

手抜きはすぐにバレる

小説を執筆する際、がっつり下調べして、密度の高い作品を仕上げるタイプの人は、面倒でも、四段階に作業を分けて、基礎からしっかり世界観を構築した方がいいです。情報収集・分析・執筆・考察(推敲)のプロセスを身に付けるにも書いているように、「おぼろげな記憶」や「なんとなくイメージ」だけで描写したら、分かる人には一発で手抜きが分かるからです。

1. 情報収集 Evernote
2. 資料整理とプロット Scrivener(もしくは秀丸エディタ)
3. 下書き (エディタ)
4. 執筆と推敲 一太郎かWORD

しっかり下調べした上で間違うのと、"初めから調べる気なし"の手抜きとは、雲泥の差です。

これは小説に限らず、論文、業務報告、有料のWEBライティング、全ての文書に共通することです。

逆にいえば、自分にそれだけの力量があるから、他人のインチキもすぐに見抜ける・・という事でもありますし、仕事、その他で損をしない為にも、早いうちから、こうしたスキルをしっかり身に付けることをおすすめします。

今は、ネット民でも、騙されやすい人がいる一方、目の肥えた人が増えてきているので(読者の二極化)、たとえブログでも、「無料だから、テキトーでいいや」というのは通用しなくなっている事も付け加えておきます(Googleも厳しくなっています)

あえていうなら、著作権等のマナーをしっかり守って、コンテンツにも課金する層は、後者です。

本当に良質な読者さんなり、リピーターを獲得したければ、「目の肥えた人」にアピールするものを作った方がいいです。

「Evernoteに一銭も使いたくない」という人は、こちらの記事を参考にして下さい。「

ケース研
Evernoteは今でも無料で3台以上同期して使えるぞ
Evernoteは今でも無料で3台以上同期して使えるぞもう一つの脳と言われるEvernote(エバーノート)。パソコンでもスマホでも、入力したメモをどの端末からでも確認出来る事から使っている人も多いと思うが2016年6月に無料の...
目次
閉じる