デザインとは精神の具象 ~創意工夫と理念を色や形に表す

デザインとは精神の具象 ~創意工夫と理念を色や形に表す

デザインとは精神の具象 ~創意工夫と理念を色や形に表す

世界は意思の表象

建築と社会とCivilizasion 人工島の海洋都市と社会の未来図にも書いていますが、この世に存在する、ありとあらゆる形には、その源泉となる”精神”があります。精神の中には、知識、センス、感性、経験なども含まれます。

スプーンでも、階段でも、車でも、キャンパスに形を描く時、デザイナーは、誰がどんな風に使うのか、安全性はどうか、どうすれば快適か、見た目にも美しいか、いろんなことを考えながら線を重ねます。製品(作品)の安全性も、美観も、それを考慮しない人の頭からは生まれません。言い換えれば、デザインとは、その人そのものなのです。

本作には、デフォルメされたキャラクターとして、有名建築家のフランシス・メイヤーが登場します。

現実にはここまで歪んだ人はないと思いますが、美しいのは見た目だけ、市民に対する思いやりも、社会に対する責任も、何もありません。

人々がメイヤーの作品に反発するのも、まさにその点です。

私たちは、作り手の肩書きやキャリアではなく、その人が作り上げたものから、その精神性を感じ取らなければなりません。

品評する側も、それ相応の見識や感性が不可欠なのです。

関連リンク→https://novella.works/tag/安藤忠雄

【小説の抜粋】 肝心なのは精神を具象化すること

北方の火山島ウェストフィリアでの深海調査を終えて、無事に帰港したヴァルター・フォーゲルは、リズといっそう絆を深めるが、父親のアル・マクダエルを激怒させ、二人の関係は再び暗礁に乗り上げる。

解決策の見えない中、MIGが開発初期の事業を不当に独占していたとの嫌疑がかかり、公聴会が開かれる。

深海調査に携わったスタッフの一人として証人台に立ったヴァルターは、一市民の立場から、ウェストフィリアにおける自然と開発の在り方を語り、関係者に深い感銘を与える。

一方、ローランド島に住む施工管理士のマックスと妻エヴァを訪ねたヴァルターは、アンビルト・アーキテクトの第一人者であるジュン・オキタ社長を紹介される。

自身の『リング』のアイデアに自信が持てないヴァルターは、オキタ社長の「デザインとは精神の具象」という言葉に何かを予感する。

関連のあるエピソード →
・ 未来のビジョンを『絵』に描く 大衆の心を動かす具体なイメージと実現可能な技術検証
・ どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる 海上都市の建設をめぐって

第五章 【指輪ネットワーク】のシリーズ

このパートは海洋小説『曙光』(第五章・指輪)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

【リファレンス】 デザインとは思想そのもの ~創意工夫を色と形に表す

一般に、「デザイン」と言えば、「絵や工作の得意な人が作る」というイメージがありますが、デザインの本質は『作り手の哲学』にあり、美しい色彩や使いやすい形などは、あくまで表層に現れた結果に過ぎません。

たとえば、誰かがコーヒーカップをデザインしたとします。

コーヒーカップの存在意義は「コーヒーが飲めること」ですが、一口にカップと言っても、ピンからキリまであって、安く大量生産された白色無地のカップもあれば、芸術にまで高められた色形の美しいカップまで、実に様々です。

一つ一つのカップをよく見れば分かると思いますが、見た目重視で、取っ手の小さなカップもあれば、カップの縁が微妙にカーブし、唇にやさしくフィットする種類のカップもあります。また、こだわり派のcoffee lover が好みそうなモノトーンのカップもあれば、若い女の子が「カワイ~」と思わず手に取りそうな色柄のカップもあり、それぞれが工夫を凝らして、存在感をアピールしています。

それら全て、作り手の哲学の集積といっても過言ではありません。

子供でも安全に保持できるカップもあれば、見た目は綺麗だけど、妙に持ちにくいカップもある。

テーブルに置くだけで、ほっこりした気分になるカップもあれば、色形ともにユニークだけど、どこか好きになれないカップもある。

それは、作り手が、そういうセンスと考えの持ち主だから、色形に表れただけで、それ以上のものでも、それ以下のものでもありません。

言い換えれば、この世に存在するあらゆる道具、建物、ポスター、しいては、町の作りまで、全ては作り手の精神の表れであって、その人となりと無関係な物は一つとして存在しません。

たとえスプーン一本でも、そこには作り手の思想が込められていて、我々は、色柄や形を通して、その思想に触れているのです。

当然のことながら、好ましい思想――ユーザーに対する思いやりや遊び心、責任感など――が、より一層、形として現れれば、それは色形を通して社会全体に広がります。家族でディズニーランドに行くと、大人でも愉快な気分になるし、京都の竜安寺に行けば、子供もどこかかしこまるのと同じです。

社会を変える一つの手立てとして、「好ましく感じられるもの(デザイン)を増やす」というのは、確かに一つの手立てと思います。

(もちろん、それとは真逆のものが存在しても構いませんが、そこはバランスとセンスの問題です)

【リファレンス】 アンビルト・アーキテクトとザハ・ハディッド

『アンビルト・アーキテクト』といえば、新国立競技場のコンペで優勝した建築家のザハ・ハディッドがきっかけで知った方も多いのではないでしょうか。
建築も、実作が全てではなく、概念を伝える『絵』としての役割も大きいです。
物言わぬように見えて、実は非常に雄弁で、奥深い芸術なんですよね。

こちらがザハ・ハディッドさんの作品。

第五章 指輪 Googleブックスで試し読み
4

深い絆で結ばれたヴァルターとリズは幸福の絶頂にあったが、ウェストフィリアの深海調査がきっかけでリズの父、アル・マクダエルが疑義で告発される。公聴会に証人として立ったヴァルターは中立公正の立場から発言し、人々に深い感銘を与えるが、悪魔の罠が忍び寄っていた。
Googleブックスで試し読みできます。

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149