When the heart is young, by John William Godward

恋の詩 ~私は恋なんてしたくない、でも恋してしまった~

私は恋なんてしたくない。
でも恋してしまった。

この恋には入り口も出口も無い。
その悦びの果てにあるものは、深い悲しみと別れだけ。
いつの日かまた涙して、恋したことを悔いるだろう。
それでもいい。
今一瞬の悦びを追い求めていたい。
永遠に心に刻まれるだろう、この一瞬を。

人を恋するのに理屈なんかいらない。
気がついた時には、心に棲みついている。
私はただ戸惑いながら、恋したことに気づくだけ。
理屈なんてない。

朝に夕に君のことを想う。――君のことばかりを。

たとえその果てにあるものが、深い悲しみと別れでも
今一瞬の悦びに生きる。

’98 Autumn…

When the heart is young, by John William Godward
When the heart is young
*oil on canvas
*51.4 by 101.6 cm
*signed b.l.: J. W. Godward / 1902 .

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

花嫁

君は逆立ちしても『普通の娘』にはなれないよ。 生まれも育ちも、そこいらの女の子とは違う。 たとえ量販店の服を着て、港町のスタンドバーでビールを飲んでも、君が普通でないのは誰の目にも分かる。 俺の母もそうだった。運河沿いの小さな家で暮らしてい […]

優しさは見えない気持ち

淋しくないのか、留守を任せられる友達はないのか、いろいろ聞いてみたいが、それも憚られる。心の奥深くに立ち入ろうとすれば、この人はたちまち口を閉ざして、彼女のことも遠ざけるにちがいない。

秋 孤独

「死にたい」の反語は「生きろ」ではなく、「そんなあなたの側に居たい」。傷ついた子供に「頑張って生きるのよ」と言葉で励ますのは簡単ですが、絶望しきった人間に、生きる力など、そうそう湧いてくるものではありません。まして死んだ親への愛着に対し、慰める術もないというのが現実ではないでしょうか。