ゲーテ ファウスト 手塚富雄

「独身のほうがいいとおっしゃる方は、なかなか考えを変えてくださらないし」

ゲーテ ファウスト 手塚富雄

[su_row] [su_column size=”1/6″]女[/su_column][su_column size=”5/6″]ほんとうに、女はどうしてよいかわかりません
独身のほうがいいとおっしゃる方は、なかなか考えを変えてくださらないし[/su_column][/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]男[/su_column][su_column size=”5/6″]そりゃ、あなたがたの腕しだいですよ。わたしなどの心得違いを思い知らしてくださるのは。[/su_column][/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]女[/su_column][su_column size=”5/6″]ねえ、はっきりとおっしゃらない? まだ、お見つけになりませんの? どこかに心がつながれてしまったのじゃありません?[/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]男[/su_column][su_column size=”5/6″]諺にいいますね。自分のかまどと よい女房は、金と真珠の値打ちがあるって[/su_row]

さて、この台詞は、誰の作品でしょうか。

[su_row] [su_column size=”1/6″]女[/su_column][su_column size=”5/6″]それで、あなたはいつも旅ばかりしていらっしゃいますの。[/su_column][/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]男[/su_column][su_column size=”5/6″][/su_column]いや、どうも勤めや商売に追い回されましてね。
土地によっては、発つのがずいぶんつらいこともあるんだ。あ
腰を落ち着けてしまうわけにもいかないのでね。[/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]女[/su_column][su_column size=”5/6″][/su_column]それはお元気なうちは、そうやって気ままに世界じゅうをお歩きになるのも結構ですわ。
けれど、おいおい お年を召して、やもめのまま、年々お墓に近くなってゆくなんて、
誰しもあんまりぞっとしませんわねえ。[/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]男[/su_column][su_column size=”5/6″][/su_column]そう。わたしも先にそれが見えているから、いやな気持ちになりますよ。[/su_row][su_row] [su_column size=”1/6″]女[/su_column][su_column size=”5/6″][/su_column]ですから、いまのうちに、ようくお考えなさらなくては。[/su_row]

[su_spacer size=”90″]

正解は、ゲーテの『ファウスト』(悲劇第一部 (中公文庫) )です。

翻訳は、今や絶版となってしまった手塚富雄・訳。(参照→文学への愛は時代を超える 手塚富雄のあとがきより

上記だけ見たら、ほとんど現代小説か、どこぞのライフハック系の小説仕立てという印象。

ちなみに、『女』は、ファウスト博士の恋人グレートフェンの乳母マルガレーテ。

『男』は、メフィストフェレスです。

執筆されたのは1770年代から1806年にかけて。

二〇〇年以上も前に書かれた作品にもかかわらず、男女の会話は、現代とほとんど変わりないのが興味深い。

追うマルガレーテ。

逃げるファウスト。

遠回しに男性に改心(結婚)を迫る手管も、現代とほとんど変わりありません。

男性にしてみたら、これこそ悪魔の囁きかもしれませんね。

かのメフィストフェレスでさえ、恐れおののくほどに。

一方、マルガレーテに目を転じれば、家事一筋、子守一筋に生きてきて、はたと気付けば、自分というものが全く失われていた空しさや焦りもなんとなく分かるります。

ほんとうに、女はどうしてよいかわかりません』の一言に、女性の生き様と葛藤の全てが凝縮されており、男性のゲーテがこの台詞を考え出したのは、まさに創作の妙といえるでしょう。婦人公論賞を差し上げたいくらい。

*

それにしても、手塚富雄訳が絶版になるとは文学界の大損失でしょうに。

ゲーテの『ファウスト』といえば、新潮文庫や岩波文庫がロングセラーになっていますが、私が店頭で手に取って読み比べた限りでは、手塚先生のが「古典」と「カジュアル」の真ん中ぐらいで、一番読みやすかったです。もちろん、これは個人の趣味なので、誰が一番という問題ではないですが。

中公文庫のファウストも、大型書店の書架に残っていることがあります。古本市場でもまだ取引されていますので、興味のある方はお早めに。

ゲーテ ファウスト 手塚富雄

 ファウスト 悲劇第一部 (中公文庫) (文庫)
 著者  ゲーテ
 定価  ¥ 21
 中古 22点 & 新品  ¥ 21 から
 5つ星のうち 3.3 (7 件のカスタマーレビュー)

あらゆる知的探求も内心の欲求を満たさないことに絶望したファウストは、悪魔メフィストフェレスと魂をかけた契約を結び、人生を体験しつくそうとする・・・。巨匠ゲーテが80年の生涯をかけて、言葉のきわめて深長な象徴力を駆使しつつ自然と人生の深奥にせまった不朽の大作「ファウスト」の悲劇第一部を、翻史上画期的な、格調高い名訳で贈る。

Tags: , ,

文学・哲学・寓話の関連記事

瞑想

「人生は私を失望させはしなかった! それどころか、私には、歳を重ねるにつれて人生は一そう豊かな、一そう好ましい、いよいよ神秘に充ちたものに感じられる」人生の究極の目的は、幸せになったり、成功したり、『目に見えて優れる』ということではなく、自分が何の為に生き、何ゆえにこの人生があるのか、実感できることだと思う。

ゲーテ ファウスト 手塚富雄

[su_row] [su_column size=”1/6″]女[/su_column] [su_column size=”5/6″]ほんとうに、女はどうしてよいかわかりません。 独身のほうが […]

生き甲斐を感じさせる『仕事』と苦役である『労働』の違い

人間の労働の種類は三つに分かれる。LABOR = 苦役としての労働 JOB = 職業、生業としての労働 WORK = 生き甲斐としての仕事。労働の価値は「量」ではなく「質」にある。『人間は労働を通して社会的存在になる。社会的存在とは、自分一人の世界の中ではなく、人々との交流の中に生きているという事である』