|Novella エッセー&レビュー https://novella.works 寺山修司の名言「詩を作るより、田を作れ」をモットーに、映画・音楽・書籍のレビュー、詩想と哲学、日々の想いを綴る文芸愛好サイト。 Sat, 25 Jan 2020 04:55:27 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.3.2 マリー・アントワネットの『デッドマン・ウォーキング』 ~マリア・テレジアの娘として死す https://novella.works/maria-theresa-daughter Sat, 25 Jan 2020 04:55:27 +0000 https://novella.works/?p=43682 https://novella.works/wp-content/uploads/2007/11/rose23.jpgベルサイユのばら マリー・アントワネット「デッドマン・ウォーキング」とは、死刑囚が独房から処刑室に連行される際、看守が周囲に宣する言葉で、「死刑囚が行くぞ!」という意味。ハプスブルグ家の皇女に生まれ、栄耀栄華を極めたフランス王妃から一転、罪人として両手を縛められ、髪をばっさり切り落とされて、ボロボロの馬車で処刑広場に連れて行かれたマリーの心中はいかなるものだったろうか。]]> 石田 朋子 アレクシス・ワイセンベルクの魅力 ドビュッシー名曲選より https://novella.works/alexis-weissenberg Wed, 22 Jan 2020 04:33:40 +0000 https://novella.works/?p=808 https://novella.works/wp-content/uploads/2010/05/weissenberg.jpgアレクシス・ワイセンベルク美麗なピアニズムで知られるワイセンベルクの魅力が凝縮したドビュッシー。『月の光』『組み合わされたアルペジオ』の映像的な演奏をはじめ、日本では廃盤になって久しい『ラフマニノフ・ピアノソナタ第二番』変態プレイが炸裂する『ペトルーシュカ・ロシアの踊り』、その他おすすめCDとライナーノーツの抜粋も掲載。]]> 石田 朋子 ドストエフスキー伝記(祥伝社新書)より ~人は葛藤する限り、神と共に在る https://novella.works/biography Sun, 19 Jan 2020 03:48:33 +0000 https://novella.works/dostoevsky/biography https://novella.works/wp-content/uploads/2018/10/book-3086480.jpgドストエフスキー詳伝 難解・冗長で知られるドストエフスキーはどんな時代に生まれ、何に影響を受けて作家活動を開始したのか、ロシア史、文学史から読み解く伝記。賭博、借金、投獄、女、波瀾万丈の人生の中でもロシアの行くべき道を模索し、人類の処方箋を探し求めたドストエフスキーの深い知性と義侠心がひしひしと伝わってくる良書。 ]]> 石田 朋子 ラヴェル:ピアノ協奏曲 第二楽章 Adagio Assai ~優しい音色の源 https://novella.works/ravel-piano-concert Sat, 18 Jan 2020 19:10:57 +0000 https://novella.works/?p=52172 https://novella.works/wp-content/uploads/2020/01/argerich-ravel.jpgマルタ・アルゲリッチ ラヴェル ピアノ協奏曲練習すれば、いくらでも上手になる。だが、上手いからといって、愛されるわけではない。多くの場合、心に残るのは、愛を感じる演奏なのだ。その人を惹き付ける愛はどこから溢れるのか――と問われれば、やはり魂という他ないのだ。]]> 石田 朋子 私はあなたの心に映る影 https://novella.works/refrain Sat, 18 Jan 2020 16:10:42 +0000 https://novella.works/?p=52166 https://novella.works/wp-content/uploads/2020/01/girl.jpeg私はあなたの心に映る影私の言葉の上を通り過ぎてください。私は名前もなく 実体もなく あなたの心に映る影だからです。どんな風にでも解釈してください。それは私の感情ではなく あなたの感情だからです ]]> 石田 朋子 「自殺する」ということ https://novella.works/jisatsu Fri, 17 Jan 2020 20:31:16 +0000 https://novella.works/?p=52161 https://novella.works/wp-content/uploads/2008/05/winter-landscape-636634.jpg自殺する、ということ高層建築の上の窓から、自分はまさに飛び降りようと用意している。足が窓から離れた一瞬時、不意に別の思想が浮かび、雷光のように閃いた。世界は明るく前途は希望に輝いている。断じて自分は死にたくない。白いコンクリート。避けられない決定。これより恐ろしい空想はない。]]> 石田 朋子 ユニコーンの『働く男』 / 風呂に入って 寝るだけ https://novella.works/hataraku-otoko Thu, 16 Jan 2020 03:23:45 +0000 https://novella.works/?p=19817 https://novella.works/wp-content/uploads/2014/07/frog14.jpgカエル世の中、女性蔑視だ、差別だと、騒がしいですが、 ワタクシ、どう考えても、男性の方が大変と思うことが多いです。 男性には「お嫁さんになるの」という選択肢がないし、 何かあっても、誰にも同情されないから。 黙って立ってとれ、みたいな。 その点、 […]]]> 石田 朋子 女が妻子持ちの男に遊ばれるということ 不倫のリアルを描く映画『危険な情事』 https://novella.works/fatal-attraction Mon, 13 Jan 2020 03:06:15 +0000 https://novella.works/?p=16410 https://novella.works/wp-content/uploads/2010/12/fatal-attraction.jpg危険な情事「私たち、大人じゃない」才色兼備の雑誌編集者アレックスに誘惑され、弁護士のダンは妻子の留守中に肉体関係をもつ。期限が来ると、ダンはいつもの日常に戻ろうとするが、運命の恋と信じたアレックスは執拗にダンを追い回し、ついには妻子の生命も脅かすようになる..。不倫の現実を描いたエイドリアン・ラインの傑作。]]> 石田 朋子 ロック史に残る叙情詩 『天国への階段』 レッド・ツェッペリン https://novella.works/stairway-to-heaven Fri, 10 Jan 2020 02:49:25 +0000 https://novella.works/?p=18179 https://novella.works/wp-content/uploads/2012/02/LD4.jpgレッドツェッペリンそこに本当に「神の国」があるかどうかは分からないけれど、そこに行けば、もう二度と、泣くことも、苦しむこともない。無限に優しい愛の手に包まれて、空気のように軽やかに呼吸することが叶うのだろう。 ]]> 石田 朋子