骨一本になっても愛する故郷を想う ~住民の願いと共に

目次

【小説の抜粋】 住民の願いと共に

未曾有の大洪水によって壊滅した故郷の干拓地フェールダムの再建をめぐり、地元経済界と自治体は世界的建築家フランシス・メイヤーを迎えて、臨海都市リゾート計画を打ち立てる。

だが、ヴァルターとヤンをはじめとする復興ボランティアグループ、及び、各地に散らばった元住民らは、沿岸の埋め立てとリゾート施設の建設に反発し、昔ながらの緑豊かな干拓地を取り戻すことを主張する。

住民の反発を反らす為、自治体は再建案を募るアイデアコンペを企画するが、どうせ最後は世界的建築家のメイヤーが優勝するのが目に見えている出来レース。

それでも、締切堤防で命を落とした父の遺志を継ぎ、ヴァルターとヤンは再建コンペに挑む。

このパートは『海洋小説『曙光』(第一章・運命と意思)』の抜粋です。 作品詳細はこちら

縦書きPDFで読む(Google Drive)

一九九年一月十日。

再建コンペ実行委員会のオフィシャルサイトを通じて、アイデアコンペの詳細が明らかになった。

作品受付は四月一日から三十日。

書類審査の後、六月の第一次審査で二十点が選出され、八月に市民ホールの展示会やオフィシャルサイトを通じて市民の意見を広く募集する。

九月の第二次審査で十点に絞られ、十一月十五日に市民参加のプレゼンテーション、十二月一日の最終審査で最優秀賞が決定する。

応募資格は問わず、一人でもグループでも可能。

提案用紙のサイズはA4版の縦置き、4枚以内。

提案内容は文章および図案で表現し、図案はイラスト、写真、設計図など、内容を把握できるものなら何でも可能。

審査は再建コンペ実行委員会が中心となって執り行い、審査員には、実行委員会が選定した治水、土木の専門家、支援団体の代表者ら十五名が予定されている。さらに市民の意見やプレゼンテーションの一般投票などが加味される。

なお、入賞した作品は必ずしも実作されるわけではないが、本コンペの目的は市民の意向を明確にし、フェールダムの将来、しいては、水と共に生きるネーデルラントの在り方を問いかけるものである。コンペで高評価を得れば再建案に大きく反映されるのは間違いなく、臨海都市計画に待ったをかけることも十分に可能だ。

ヴァルターとヤンは二日後に開かれた説明会に参加し、コンペの詳細を確認した。

狭い会場には大勢が詰めかけ、椅子に座りきれない人たちが壁際にもずらりと並んでいる。

「どういうことだ? 一地方のアイデアコンペなのに」

彼がヤンに耳打ちすると、

「フェールダムの再建事業を狙ってるのはフランシス・メイヤーだけではないということさ」

「それにしても業界人ばかりだ」

「だから前に言っただろう。政府はデルタ地帯を抜本的に改革したい。その為にも、従来にない強力なモデルプランを打ち立てる必要がある。フェールダムはその足掛かりだ。地元企業でなくても興味が湧く」

「じゃあ、企業や専門家も多数参加を?」

「コンペに参加するかどうかは別として、いろんな意味でアプローチはするだろう。あの窓際に立ってる人も情報収集が目的だ。何となく分かるんだよ、同業者の匂いでな」

彼は改めて会場内を見回し、住民の意思とはかけ離れたところで再建案が取り沙汰されている気配を感じ取った。治水研究会が再三訴えたにもかかわらず、締切堤防の補強案が寸前になって反故にされ、可動式大防潮水門の改修工事が優先されたのも、そうした陰の思惑だったのかもしれない。

説明会が終わると、二人は締切堤防に足を運び、洪水で決壊した場所を訪れた。

あれから十五年の歳月が過ぎ、堤防も何度か補強工事を重ねて、ほとんど昔と変わらぬ景観を取り戻している。

こうして堤防の天端に立ち、右手に北海、左手にフェール塩湖、海岸線に添って突き抜けるような二車線の湾岸道路を見ていると、本当にあれほどの大洪水があったのかと不思議なくらいだ。

だが、堤防や道路が元通りになったからといって、あの晩、全てを失った人々の悲しみがすっかり癒えるわけではない。たとえ見栄えのいい商業施設が建設されても、冬の北海を見る度に、悲しみを新たにするだろう。

彼は青く広がる海を見渡し、

「この海の何処か――海底の冷たい泥の中に、今も俺の父親が眠っている。叫ぶことも、立ち上がることもできず、無念を抱いたまま、この町の行く末を見守っている。あの晩、この辺りがどんな風だったか、俺には想像もつかない。海面が十メートルも上昇して、ここまで押し寄せるなど、誰が予測できただろう。きっと父も怖かったはずだ。足元には激しい波が打ち付け、背後には河川から流れ込んだ大量の水が渦巻いている。どこにも逃げ場はなく、いつ堤防が崩れるか、高波に呑まれるかと、総身が震えるほど恐ろしかったはずだ。それでも逃げなかった。俺に自分の生き様を見せる為に、堤防を守りに戻った。父さんだけでなく、最後までここに残った作業員も同様だ。そして今も、骨一本になっても、この町を守ろうとしている。俺たちは皆、彼らの子供だ。その想いに応えたい。このまま黙って見過ごしたくない」

「だが、太刀打ちできるような相手じゃないぞ。相手は百戦錬磨のベテランだ。政財界にも顔が利く」

「だから、やるだけ無駄だと言いたいのか? コンペの目的は勝つことだけじゃない。公の場で声を上げる機会でもあるはずだ。社会に疑問を呈するだけでいい。このまま大きな流れに呑まれたくない」

「だが、クオリティの高い作品を作ろうと思ったら片手間には無理だ。どれほど絵(パース)が綺麗でも、技術的に裏打ちされたものを提示しなければ、誰も耳を傾けない。お前にそれだけの覚悟があるのか。海洋調査の仕事をしながらでは到底無理だぞ」

彼は一瞬考えたが、

「事情を話して半年ほど休職するよ。そしてコンペの期間はこっちで暮らす」

「本気か?」

「俺はいつだって本気だよ」

ヤンもしばらく考えていたが、

「オレも黙って見過ごす気はない」

と彼の顔を見た。

「じゃあ、決まりだな」

二人はベンチの上に申込書を広げると、それぞれの名前を記入した。

「リーダーはどっちだ?」

「俺がやるよ。君もデ・フルネの代表と掛け持ちはきついだろう」

必要事項に記入しながら、彼はワーグナーのオペラを思い出す。

『ノートゥンク』だ。

ヴェルズンク族の戦士ジークムントは、妹ジークリンデと結ばれるが、結婚の女神フリッカの怒りをかい、豪族フンディングとの闘いの最中、神々の長ヴォーダンの槍で剣『ノートゥンク』を真っ二つに折られ、絶命してしまう。だが、ジークリンデから生まれた息子のジークフリートがノートゥンクを鍛え直し、ヴォーダンの槍を真っ二つにして、父の仇を討つ。

あの晩、ここで死の恐怖と戦った父の勇気を思えば、メイヤーと差し違えるぐらい易いものだ。

【リファレンス】 ゼーラント州と運河沿いの港町フェーレ

日本の観光客は、アムステルダムやキンデルダイク、フォーレンダムといった北の有名観光都市に行きたがりますが、本当にオランダらしい風景が広がっているのは、南部のゼーラント州です (きっぱり)

こんな美しい干拓地が、水害で泥土にまみれて、もう農地の役に立たないから、いっそリゾートにしちゃえ! とかいう話になれば、誰でも怒ると思いません?

もちろん、創作ですよ。

本作の舞台ともなる、Veere(フェーレ)
魚介類が美味い。
ムール貝が有名ですが、エビのガーリック焼きもこたえられん美味しさです。おやつは、もちろん、シナモン風味のストロープワッフルです。

わたくし、オランダ政府観光局の回し者ではありませんが、オランダ観光は強く推奨します。オランダといえば、チューリップの季節が有名ですが、3月下旬から5月上旬にかけては、最低気温が10度以下まで下がることがあるので、個人で行くなら、ベストシーズンは6月か9月かと思います。

【リファレンス】 オランダの海岸と干拓地

「この海のどこか」というのは、この海の何処かです。

堤防天端の遊歩道とベンチ

オランダの海は、『数百年に一度の水害に備えて ~絶対に大丈夫となぜ言い切れるのか』にも書いているように、沿岸一帯が見渡す限りフラットである為、一日の潮の満ち引きだけでも数百メートルの差があります。昼間、テントの近くにあった水際が、夕方には百メートル以上先まで後退しているんですね。

この調子で潮位が上がれば、わずか数十㎝でも大変な影響があります。まして数メートルに及べば、その破壊力はいわずもがな。
にもかかわらず、この土地を愛し、水際を守る人々の気持ちは、堤防のように堅固で、創意に溢れています。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる