蝶 ファンタジー

Finamor -至純の愛-

蝶 ファンタジー

この世に残された最後の純愛は、道ならぬ恋という。

お互い、何の打算も駆け引きも無く、
ただ互いの魂だけを見詰めて、引かれ合うからこそ、
純粋に燃焼できるのかもしれない。

愛極まれば、死に至る。

それはまた人間に残された最後の神話でもある。

初稿:1999年11月28日

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

NO IMAGE

人を信じ、世界を慈しみながらも その裏側で 世界など滅んでしまえばいいと願う Angel 誰よりも人間を知るが故に 人々の幸せを願いながらも ノアに方舟を作らせ 地上を水で洗い流した神様の気持ちが よくわかる Angel 誰よりも人間を信じ […]

Notes of Life

知れば知るほど苦しみも増すが 知らなければ、得るものも無い。 いわば、悲しみや苦しみは、知ることの代償なのだ。 実のあるものを求める限り、影も付いてくる

なぜ、うちの子だけ

「本当のことを言って下さい」という人がいる。 でも、多くの人は、本当のことを言うと急に怒り出す。 ゆえに、世間はだんだん本当のことを言わなくなる。 誰も本当のことを言わないから、大切なことも伝わらない。 過ちは過ったまま、正されることもない […]