女性 天使

言葉

言葉は 時に 病的に
私に襲いかかる

だけど それは
私がPure だからではなく
泥も光も あわせ持った
生々しい生き物だから

ここではない何処か
この世を離れた何処かへ
今すぐ飛んで行こう
心が新しいうちに

言葉が死なないうちに

初稿:2000年

Tags:

詩想と引用の関連記事

Notes of Life

愛を嗤う者は、愛の奇跡からますます遠ざかり、愛を憎む者は、いっそう孤独になる.

海

海は生きとし生けるもの、すべての故郷よ。 生命は海から生まれ、空に、陸に、巣立っていったの。 陸に上がった人間が今もこうして海を懐かしむのは、海に暮らした何億年もの記憶を今も留めているからかもしれないわね。 海洋小説『曙光』 MORGENR […]

愛の試練は同じ重さでやって来る

お願いだから『永遠』なんて言わないで。過去、何百万と誓いを立てた愛が、永遠という言葉の中でどれだけ滅んだと思うの?あなたがどう誓おうと、心なんて、いつか変わるの。愛だけが特別なんて、絶対に有り得ないわ。