MENU

親も自分の生き方にフォーカスする ~自分が克服すべき問題を子どもに重ね見ていませんか?

2020 3/02

あなたに知って欲しいこと

空しさや劣等感など、本来、自分が克服すべき問題を子どもに重ね見て、子どもを通して解決しようとしていませんか。あなたの人生の問題は、あなた自身で解決しなければ、意味がありません。子どものことはいったん横におき、自分自身と向き合いましょう。

人間関係を円滑に運ぶコツは、適切な心の距離を置くことです。

近すぎてもいけないし、離れすぎてもいけない。お互いにとって、プレッシャーにならず、また薄情でもない、程よい距離感が好意を長続きする秘訣です。

親子関係にも距離は必要です。常時、世話が必要な幼児ならともかく、思春期にもなれば、自分の空間、自分のプラン、自分の好みなど、全てにおいて親の指示より『自分』が優先されるようになります。必要以上に踏み込めば、不愉快に感じるのは、大人も子どもも同じです。

どうしても子どもにかかずらうようであれば、親も自分の事にフォーカスしましょう。

それは子どもを無視して、自分の事だけすればいいという利己主義とは違います。

自分にフォーカスする意味は、これまでの自分自身を振り返り、まずは自分の人生をきっちり生きるという意味です。  

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る → https://note.mu/poetry/n/n5bb1b5ad2482

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる