運命 出会いと別れ

運命の出会いと別れ

運命 出会いと別れ

他人の運命の歯車が、否応なしに自分の運命の歯車を回し、その歯車は、また別の人間の歯車を回していく。

人と人を出会わせ、また別れにいたらしめる運命とは一体なんなのか。

人は個々に独立した存在だが、運命は確かに人智を超えた次元に存在し、大いなる力で人間を支配しているのだ。

-運命に関する覚え書き-

この世に完全に「一人」で存在する人など有り得ないし、また誰にも影響されず、影響もしない人も有り得ない。

人が動けば、運が動き、運が動けば、また別の人が動かされる。

人の繋がりとは友情や義理だけでなく、運命の利害関係にも支配される。

それに飲み込まれたら、自分では制御できない事態にも遭遇する。

謙虚さとは人間に対してではない。

世の全てに対する敬虔な気持ちでもある。

Tags:

詩想と引用の関連記事

傘

家事と介護に追われる専業主婦の陽子は、傘を持たずに出掛けた夫の帰りを思い、夕立の中、駅に向かう。そんな陽子の目に映ったのは、若い女性と相合い傘で歩いてくる夫の姿だった。ほろ苦いショートショート。

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

運命は、それ自体に意味はないの。そこに意思が働いて初めて、意味のある何かになるのよ。あの人が栄光を掴んだとしても、それは幸運ではなく意思の勝利よ。運命のお膳立ては、決して本人の目には見えないのだから

月 プリンセス

太陽が海の恋人なら、月は海の守り神。 夜の海を照らすのは、闇夜に輝く月だから。 星が旅人を導くように、月はその航路を照らして守る。 もし夜に月が無かったら、たちまち暗がりに迷うだろう。 あれは昼の中では用をなさないが、夜には無いと困るのだ。 […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG