運命 出会いと別れ

運命の出会いと別れ

運命 出会いと別れ

他人の運命の歯車が、否応なしに自分の運命の歯車を回し、その歯車は、また別の人間の歯車を回していく。

人と人を出会わせ、また別れにいたらしめる運命とは一体なんなのか。

人は個々に独立した存在だが、運命は確かに人智を超えた次元に存在し、大いなる力で人間を支配しているのだ。

-運命に関する覚え書き-

この世に完全に「一人」で存在する人など有り得ないし、また誰にも影響されず、影響もしない人も有り得ない。

人が動けば、運が動き、運が動けば、また別の人が動かされる。

人の繋がりとは友情や義理だけでなく、運命の利害関係にも支配される。

それに飲み込まれたら、自分では制御できない事態にも遭遇する。

謙虚さとは人間に対してではない。

世の全てに対する敬虔な気持ちでもある。

Tags:

詩想と引用の関連記事

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

「人生を無駄にする」ということは、負けて、劣って、終わることではない。本当の自分を理解しないまま、言い訳にうもれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことだ。たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せである。

赤ちゃん

ママが一番好きなのは、 お風呂の後、お乳をいっぱい飲んで、 満腹になったユキちゃんが ウトウトし始めた時。 今日も、 いっぱい遊んで、 いっぱい泣いて、 いっぱいお乳を飲んで、 「楽しかったよ」と言っているのが 確信できるから。 ななめ横か […]

人は二度生まれる

「生きること」への希求と、「自分であること」への渇望。「自由」への憧れと、「未知なるもの」への不安。世界はすぐそこにあるのに!硬い殻が俺と世界とを阻んでいた。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG