父と子

その時、父さんは何をしていたの? 父から息子に伝えたいこと

父と子
海上都市のプランが潰された時、お父さんはどこで何をしていたの? と聞かれた時、皆でビールを呑みながら文句を言ってただけだ、と、胸を張って答えられるか? 

俺の父親は、洪水の夜、堤防を守りに自分の持ち場に戻った。
その為に命を落として、俺と母親の人生も全然違ったものになってしまったが、それでもその事がずっと誇りだった。
あの晩、一緒に逃げて、それまで通り幸せに生きて行くことも可能だったし、また、その道を選んだ人たちのことを責める気はない。
だけど、俺の父親が身をもって生き方を示してくれたおかげで、俺はどんな時も一本の軸だけはぶらさずに生きてくることができた。

誇りだけは失わず生きることができた。

勝てるわけがない。
そうとも、勝てるわけがないんだ。
そんなこと、改めて人に言われなくても、自分自身が一番よく知っている。
だけど、抗いもせず、ただ大きな潮流に呑まれて終わるなんて、俺はいやだ。
せめて潮流の中に杭の一本は立てたい。

あの夜、父は逃げようと思えばいくらでも逃げられた。
それは決して間違いじゃなかったんだ。
そうしても間違いではなかったんだ。
一緒に来てくれたら、俺立ちも今まで通り幸せに暮らすことができたんだから。
堤防が決壊し、ポルダーが水没しても、俺達はそれまで通り幸せに暮らすことができただろう。

でも、父はそうしなかった。──多分、もう駄目だと分かってたかもしれない。
それでも最後まで職務に生きた。

仕事が大事だったから──?

違うよ。

あれは俺の為だったんだ。

今ならはっきりと分かる。

あれは俺に見せる為だったんだ。

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (下)のボツ原稿

引用元:
治水と堤防管理 数千年に一度の水害に備えて
土木と締め切り大堤防 水害から干拓地を守る

ファイル作成:2012年5月31日

Tags:

詩想と引用の関連記事

赤ちゃん

ユキちゃんの手。 生まれた時は、鶏の足みたいにシワシワで、 皮膚なんか今にも破けそうなぐらい薄かったのに、 今はおまんじゅうみたいにプリプリしているよ。 あんまり柔らかくて、温かいので、 いつも両のゲンコツにプチュプチュとキスすると、 甘い […]

犬

僕は淋しい野良猫で、帰る場所を探している。 いつでも、どこからでも、帰って行ける場所だ。 夕べ、犬に言われたよ。 「犬はどこででも眠ることができる。自由を愛しているからさ」 だけど帰る場所のない自由なんて、ただ浮いてるだけだ。 もし君が死ん […]

Too Sad 空しい祈り

悲しすぎる夜 私は力なく神の門をたたく それで明日が 変わるわけではないけれど 誰かの耳には  聞き届けられるような気がして 初稿:2000年

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG