失敗しても己のプライドが傷つくだけ

失敗しても、己のプライドが傷つくだけ

失敗しても己のプライドが傷つくだけ

【小説の抜粋】

社会の知的基盤となる海洋情報ネットワークの構築に向けて、方々に働きかけるヴァルターだが、あまりに規模が大きい為、アイデアは理解されても、実現には程遠い。
しかし、アルは、社会に問題提起すること自体に問題があると諭し、「失敗しても、せいぜい己のプライドが傷つくだけ」と励ます。

関連のあるエピソード →
・ 世界を変える技術と人間の可能性 産業発展と共存共栄の精神
・ 新しい価値観を受け入れることが人生を変える ~自分を信じてこそ
・ 一つの人生に一つの目的 ~人はみな深海に眠る鉱物資源

※ スマホとタブレットの場合、『PDFで読む』をクリックして下さい。

第三章 【海洋情報ネットワーク】のシリーズ

このパートは海洋小説『曙光』(第三章・海洋情報ネットワーク)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

第二章 採鉱プラットフォーム Googleブックスで試し読み

水深3000メートルの海台に広がる海底鉱物資源を採掘する為、潜水艇パイロットのヴァルターは洋上プラットフォームの採鉱システムを接続するミッションに参加する。採鉱事業を指揮するアルの娘リズは彼に一目惚れするが、彼の態度は素っ気なく..。
Googleブックスで試し読みできます。

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか