素敵な恋のあきらめ方(ベルサイユのばらに寄せて)

恋をして、何が辛いかといえば、その人をあきらめなければならない場合でしょう。

かといって、人を好きになったら、そう簡単に理屈であきらめきれるものではありません。頭では分かっていても、「もしかしたら」と期待して、側に寄ってみたり、背伸びして、いい所を見せたり。バカだなあと思いつつも、相手のことを追い求めてしまうものです。

そして、人を好きになったら、一番に望むのが、「相手に気持ちを伝えたい」ということでしょう。

振られると分かっていても、好きだということを言葉にして告げたい。

そして、その想いを受けとめて欲しい。

あれほど男として頑なだったオスカルが、美しいドレスを身にまとい、フェルゼンの腕に飛び込んだのも、あきらめるに、あきらめられない、一途な恋心ゆえだったんですよね……。

しかし、恋というものは、目くらめっぽうに相手に気持ちをぶつければよいというものではございません。その想いが、相手にとって負担になるなら、心の底でそっと別れを告げなければならない場合もあります。
自分に正直であることと、相手を幸せにすることは、全く別の次元の問題なのです。

「好きな人に『好き』と言って、何が悪いの」
「人を好きになるのは自由でしょう」
と思う人もあるでしょう。

だからといって、相手の心や生活を乱してまで、自分をぶつけて良いものでしょうか。相手の気持ちや状況も考えず、「好き、好き」と気持ちを押しつけて、理解を求めるのは、恋ではなく、単なる我が侭ではないでしょうか。

恋とは、相手の幸せがあってこそ、美しく燃え上がるもの。

『エースをねらえ』の藤堂さん曰く、『恋をするには資格がいるのです』。

だから、オスカルも、正面きって告白するような事はせず、夢の中であきらめる道を選びました。マリーを愛する彼の心を尊重していたからです。

もしフェルゼンに、「お前が好きなんだ、わかってくれ」と迫っていたら、二人の友情はもちろん、彼の信頼も失われていたことでしょう。

恋が報われない時は、その引き際で、女性としての度量が分かります。

どんなに相手のことが好きでも、相手に迷惑をかけない――というのが、素敵な恋のマナーではないでしょうか。

ちなみに、愛を返せない場合、相手に希望を持たせるような事を口にする男性はNGだと思います。「恋人としては付き合えないけど、メールするぐらいならいいよ」みたいな事です。

オスカルの気持ちを知った時、フェルゼンはきっぱりと言いました。

「もう永久に会うことはできないな」

相手に愛を返せないと分かったら、せめて相手が思いきれるよう、距離を置いてあげるのが、本当の誠実というもの。

この男らしさが理解できれば、恋に躓くこともないはずです。

ベルばらKidsプラザ『東欧ベルばら漫談』について

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』(cocolog.nifty.com)に連載していた時の原稿です。サイト内の『東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる