ユニコーンの『働く男』 / 風呂に入って 寝るだけ

世の中、女性蔑視だ、差別だと、騒がしいですが、

ワタクシ、どう考えても、男性の方が大変と思うことが多いです。

男性には「お嫁さんになる」という選択肢がないし、

何かあっても、誰にも同情されないから。

お前の手柄は、上司の手柄。

お前の無能は、お前の責任。

いまだに狩猟時代の論理で動いているでしょう。

役立たずは、黙って廊下に立ってとれ、みたいな。

その点、女性は、小ずるく、器用に、立ち回って生きて行けます。

いざとなれば弱者に転換、「いじめないで!(人権侵害)」の一言で、世界中を黙らせることができる。

それが正しい時もあれば、ただ単に、世の中を自分の思う通りに操作したいだけ、ということもあり、その見極めは難しい。

男は、上から殴られても、右から気味悪がられても、ひたすら働くしかないけども。

そんな『働く男』の心情を代弁したのが、ユニコーンの『働く男』。

「風呂に入って、寝るだけ」という歌詞が全てを言い表している、慰めにも、心の支えにもならない曲です (T^T)

***

曲のルーツは、1989年から91年まで放送されていた、伝説の深夜番組、『夢で逢えたら』です。

ウッチャン・ナンチャン、野沢直子、清水ミチコ、ダウンタウンらが楽しいコントを繰り広げてました。

この「夢で逢えたら」のオープニングの一つを歌っていたのがユニコーン。奥田民生さん。

歌詞もいいし、音の構成も良かった。

今、聞き返しても、際立っています。

こちらの動画は『夢で逢えたら』の一部ですね。途中から、ユニコーンが登場します。

歌詞のどこが好きかといえば、「忙しいわ、つまんないわ」の部分。

多くの場合、これが本音ですよね。

でも、辞められないし、どうしようもない。

フロに入って寝るだけ。明日のために寝るだけ。

世の中にはテンションの高い人も多い。今は「意識高い系」というのかな。

が、志の高さなんて、結果を出してナンボのもん。

ヘリクツこねるだけなら、小学生でもできる。(黙って実行せい、実行!)

それより、真面目に、ずーっと、働き続けてくれる人の方が、多くの職場にとっては有り難いかもしれない。

向上心を持ち続けるより、一つの仕事をずーっと続ける方が偉いかもしれない。

「働く男」バンザイ。

あれがエエだの、これはイヤだの、ぐちぐちぐちぐち言い続ける女より、

「働く男」の方が何倍も偉いような気がする。

仕事できる男 それが彼女の好み

気合入れて勤めたのだが

忙しいわ つまんないわ

今の会社かなりレベル高い方だし

親父がらみのコネもあるから やめるわきゃないし

いつも僕はひとりきり フロに入って寝るだけ

いつも僕はひとりきり 明日のために寝るだけ

バブルの時はこれがギャグだったけど、今はシリアスがまさって笑えないかもしれませんね。

奥田さんの寝ぼけたような歌い方も味があって好きでした。

YouTubeの動画は最近のものなので歌い方が異なりますが、

この曲がリリースされた当時の歌唱は最高です。

Spotifyでリリースされていますので、興味のある方はぜひ。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる