Notes of Life

愛を嗤う者と憎む者

Notes of Life

愛を嗤う者は、愛の奇跡からますます遠ざかり、

愛を憎む者は、いっそう孤独になる.

愛を求める気持ちにも 素直でいること

それが愛に至る一番の近道

Tags:

詩想と引用の関連記事

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

なぜ 人間だけが 自分は無意味などと思うのだろう 深い海の底を覗けば 何のために生きているのか分からないような 生物がごまんといる 誰に知られることなく 息づいているような生き物が その一つ一つが 何のために生きているのかと疑いだせば 生命 […]

NO IMAGE

陽が当たりそうで 当たらない そんな暗闇を生きている 生きることに意味があったのは 言葉も知らぬ 無垢な頃 何が私を変えたかは もう遠い昔のことなので 語る気にもなれない せいぜい 渇いた道すがら 蜃気楼のように 夏の陽を思い出すぐらいで […]

父と子

海上都市のプランが潰された時、お父さんはどこで何をしていたの? と聞かれた時、皆でビールを呑みながら文句を言ってただけだ、と、胸を張って答えられるか?  俺の父親は、洪水の夜、堤防を守りに自分の持ち場に戻った。 その為に命を落として、俺と母 […]