注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
コンピュータ

Windows10「休止状態」の有効化・無効化の手順 【コマンドプロンプト使用】

コンピュータ

休止状態 Hibernate を有効化する

Windows10をいじっていると、突然、電源オプションの「休止状態(Hibernate)」が消えることがあります。

コマンドプロンプトを管理者実行することで簡単に復元できるので、試してみて下さい。

参照記事はこちら。

Windowsレジストリを編集する方法も紹介されています。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power

1=有効 0=無効 

The Windows Club

Hibernate button option missing or not showing? Disable, ena…

ここでは手軽なコマンドプロンプトを使った有効化 / 無効化の手順を紹介します。

有効化の手順

1. Windowsキー + X でメニューを呼び出す。
2. コマンドプロンプト(管理者)を起動。
3. powercfg /hibernate on と手入力
4. パソコンを再起動する

手順の詳細

1) Windowsキー + X でメニューを呼び出す。

Windows メニュー コマンドプロンプト

2) コマンドプロンプト(管理者)を起動。

コマンドプロンプト Windows10 休止

3) hibernateのコマンドを入力(手入力を推奨)

有効化 powercfg /hibernate on

無効化 powercfg /hibernate off

読み方
パワー シーエフジー 半角スペース スラッシュ ハイバーネイト オン(オフ)

4) PCを再起動する

これで電源オプションに「休止状態」の項目が戻ってきます。

コマンドプロンプトが正常に動作しない場合

管理者として実行していますか?

私は最初、普通にコマンドプロントを立ち上げて、エラー続出で「なぜ ?!」とうろたえてました。

コマンドプロンプトを実行するには、Windowsメニューのコマンドプロント(管理者)から起動しなければなりません。

コマンドの入力は正確に。スラッシュの前に『半角スペース』が入ります。

powercfg/hibernate on  ではなく  powercfg /hibernate on です。 (半角スペース スラッシュ)

私は最初、びちびちに入力してエラーを連発しました。

こんな簡単な作業を10回もやり直した自分が憎い。

上記のページではレジストリを編集する方法も紹介されていますが、コマンドプロンプト(管理者)を実行するのが一番簡単です。

「休止状態が消えた!」とうろたえている皆さん。一発レスキューです。

やっぱ、スリープ機能より hibernate ですよね。

スリープは電気を食うし、ちょっとマウスが動いただけで勝手に起動したりするし。(旧機種の話です<(_ _)>

私も休止状態をこよなく愛しています。

まだ『貝』が使える

コマンドプロンプトをいじるのが怖い……というあなたにおすすめなのが、一世を風靡したスタートメニュー復活ソフトウェア『Classic Shell』。

Windows8のアップグレードで、一方的にメトロUIを押しつけられ、阿鼻叫喚のパニックに陥ったPCユーザーの為に急きょ開発された、フリーソフトウェアです。

あれから改良に改良を重ね、Windows10では、スタートメニューもだいぶマシになったようですが、それでもWindows7のクラシックメニューの使い心地が忘れられないユーザーには手放せない逸品です。

アップグレードの度にプログラムの修正が大変な為、2017年12月をもって開発が終了しましたが、一般的なPC環境なら、Windows10の最新版でも問題なく使えます。

http://www.classicshell.net/

『貝』をインストールしたら、アイコンの上で右クリックして、設定画面を呼び出します。

右クリックで設定画面を呼び出す

メインメニュー → 『ハイブリッドシャットダウンを有効にする』 にチェックを入れたら、『貝』のメニューに休止の項目が出てくると思います。

Classic Shell 設定画面

もし出てこない時は、コントロールパネル → 電源オプションと進み、『詳細な電源設定の変更』から休止状態を設定する方法もあります。

貝の好ましい点はコントロールパネルの各項目が一発で呼び出せる点ですね。

コントロールパネルの電源オプション

詳細な電源のオプション

やっぱ貝の方が分かりやすいんですよね。

今でもPCを買い換えたり、リカバリした後は、真っ先に貝を入れてます。

クラシックメニュー

日本語化ファイルも問題なく使えています。こちらのサイトにインストラクションもありますので、興味のある方は、ぜひ。

ネットセキュリティブログ

「Windows OS」に従来のテキスト形式を基軸とするスタートメニューを作成することができる「Open shell(C…

今でも『ID Manager』『Jtrim』『NextFTP』を使っている点がポイントですね^^; 

KWIC Finder』も手放せないです。あまり話題になりませんけど、現存のテキスト系ファイル検索の中ではダントツじゃないでしょうか。

ついで言うと、『EmEditor』は、1999年頃、パソコン雑誌のCD付録に無料の試用版として収録されていた頃から使っています。
現在の値段(21600円)になる前に永久ライセンスを購入しているので(2010年)、当時でも4500円ぐらいだった記憶が……。
PCに関しては、うっかり衝動買いして、かなり後悔することが多い中、EmEditorだけはいい買い物したなーと、つくづく。

ちなみにアイコンはアニメーション効果があって、マウスカーソルを重ねると、きらっと光る仕様( *´艸`)

スタートアイコン

さすがにWindows95風のスタートボタンはWindows10の世界観にマッチしなくなりましたね(´。`)

ついでに、顔文字 \(^O^)/ も。

スタートアイコン

貝に興味のある方は、ぜひ。

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD
ブックカバー
宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業の攻防と、海洋社会の未来を描く人間ドラマ。心に傷を負った潜水艇のパイロットが、恋と仕事を通して成長する物語です。