恋の詩 ~恋は、隠しきれるものではないから~

『恋とはひっきょう隠しきれるものではない』

想いは必ず心から言葉、心から瞳にあふれ出る
そして心から心へと伝わっていく

黙っていても眼差しは正直だ

眼差しの先にはいつでも恋する人がいて、
その姿を追いかけている

視界から消えても、まだ追い求めている

他人が二人の間を覗き見る時、
この世から二人以外のものはすべて
消え去ってしまえばいいと思う

誰もこの恋に気づかなければいいのに……と

今はただ秘めやかに
心を交わす

想いあふれるままに

’98 Autmun…

John William Godward
John William Godward [ Summer_Flowers]

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

自転車

『死』というなら、生きる支えも、信じられるものも無くして、絶望と虚無感に取り憑かれること。

海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしい

海が好き──というよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ。 子どもの頃、はしゃぎ回ったあの海は、眩いほどの青色をしていた。 遠い故郷に帰って来たような懐かしい気持ちになる。 [su_quote] 『海は生きとし生けるものすべての故郷よ […]

今日ぼくは引きこもるのをやめた

ボクがこの部屋に引きこもってから どれぐらいの月日が流れただろう はじまりは 小さな痛みだった なんとなく 人と会うのがつらくて 誰にも顔を見られたくない 話しかけられたくない そんな気持ちだった。 ☆ だからって 誰かに必要とされること […]