『北斗の拳』と兄弟論 兄弟ならば、違う道を歩むがよい!

私は『北斗の拳』の伝承者争いのエピソードが好きで、キャラクターで言えば直情型の長男ラオウ、技で言えば、北斗究極奥義『無想転生』が好きなんですよネ。

なぜか全巻持っているので、家に来た人がいつもビックリするのですけど。(それも愛蔵版^^;)

「伝承者争い」の巻は、原作者 武論尊の哲学が随所に散りばめられていて、非常に面白い作品に仕上がっています。

暗殺拳「北斗神拳」は、その恐るべき破壊力ゆえ、一子相伝の秘拳として伝えられてきました。

伝承者争いに敗れた者は、記憶を奪われたり、身体を不具にされたりして、拳を封じられるのが定めでした。

核戦争で世界中が荒野と化した時代、北斗神拳の伝承者として、町にはこびる悪者どもを倒しながら、生き別れになった最愛の女性ユリアの面影を支えに、旅を続けるケンシロウ。

その彼の前に、かつて伝承者争いをした三人の兄弟が立ちはだかります。

一人は、ケンシロウに敗れた事を怨み、暴挙の限りを尽くす三男ジャギ。

一人は、優れた医術を会得しながら、核の灰を浴びて、病の身となった次男トキ。

あと一人は、世界最強を自負し、この世の全てを手中に収めるべく猛進撃を続ける長男ラオウです。

死闘の末、ケンシロウはラオウに打ち勝ち、真の伝承者への道を歩き出すのですが、その過程で語られる心情や、兄弟間の葛藤や個性が、実に面白いんですよ。

ちなみに私は三人姉妹の真ん中で、姉でもあり、妹でもあるから、それぞれの心理がよく分かる。

だから惹かれた部分も多いですね。

兄弟間の争いで一番象徴的に感じたのが、愚かで救いようのない三男ジャギの恨み言。

兄より優れた弟なんて~~~

兄より弟が優れたって、それは仕方のないこと。

なんでもかんでも兄貴が上とは限らないのに、ジャギは伝承者の権利を末弟のケンシロウに奪われたと、いつまでも怨みに取り憑かれています。

これによく似た実例が、兄弟横綱で一世を風靡した『若ノ花・貴ノ花』ですよね。

厳しい目で見れば、兄の若ノ花より、弟の貴ノ花の方が、力士としては上なのは明白でした。

というより、幼少から真剣に力士を目指した貴ノ花と、何となく流れで力士になった若ノ花の、気持ちの差が現れたというべきでしょうか。(当人に直接聞いたわけではないので、推測だけれども)

若ノ花が、あっさり相撲界から身を引いたのも頷ける話で、人にはそれぞれ自分に適った道というものがある。

『北斗の拳』でも語られていますが、

同じ道を進めば、同じ宿命を背負う。兄弟ならば、違う道を歩むがよい」(確かラオウの台詞)

って、ある意味、真実だと思います。

初稿:2000年12月22日

※ トキとラオウの死闘って、どの巻に収録されていたのか忘れた。確かこのあたり。

 北斗の拳 12巻 (Kindle版)
 著者  武論尊 (著), 原哲夫 (著)
 定価  ¥594
 中古 1点 & 新品  ¥594 から

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる