干拓と国土創出 ~水と共に生きる オランダの建国精神

オランダと言えば、風車の国。

「フランダースの犬」のイメージが大きいせいか、「風力を利用して小麦粉をねっている」みたいなイメージがありますが、オランダの風車の最大の意義は排水です。

その際、風車の力を二次的に利用して、農作業にも役立てているだけで、餅をついたり、小麦粉をこねる為に、風車を作ったのではありません(´。`)

こちらに、「低地(ネーデルラント)」と呼ばれるオランダの地理と、いかに水を治め、国土を創出してきたか(主に干拓地)、可愛いイラストで描いた動画があります。英語ですが、非常に分かりやすく、治水の原理が一目で分かると思います。

風車の中 キンデルダイク

世界遺産にも指定されているキンデルダイクの風車群には、今も、僅かながら、住民がいます。ぞろぞろと観光客が歩く中、運河沿いで洗濯物を干していたりして、びっくりします。人目も気にせず、おおらかですよね。

こちらは、保存状態がよく、現在は博物館として一般公開されている風車の内部です。
昔のオランダのベッド。昔は、ほぼ半座位の姿勢で就寝していたんですね。

風車内の大人用のベッド

こちらは子供のベッド。ネロはいません (´ー`)

キンデルダイクの風車 子ども用ベッド

これが風車の主軸です。「ルパン三世 カリオストロの城」の時計塔の機械みたいでしょう。

キンデルダイクの風車 軸の部分

昔の洗濯器具。現代は全自動があってよかったね♪

キンデルダイクの風車 昔の洗濯用道具

当時、風車に住んでいた人々の服装と日常の風景。

キンデルダイク 昔のオランダの服装

いにしえのオランダの人々の暮らし

オランダ名物の木靴。

オランダ 木靴

オランダの治水

飛行機で上空から見れば、水路の中に国土があるみたい。

堤防は、水量のコントロールだけでなく、沿岸部の主要な交通路にもなっており、場所によっては、いくつもの三角州を長大な堤防道路が繋いで、アメリカのキーウェストみたいですよ。

海水も、河川の水も、信じられないほど透明度が高いです。

オランダの治水について書いた記事

国作りの基本は『土地』です。当たり前ですね。治水においても、農業においても、土地が脆弱で、安全性に欠ければ、どれほど立派な建物を築いても、一夜で崩壊します。

日本で土地開発といえば、「森林や空き地をガンガン均して、集合住宅や商業施設を建てる」というイメージがありますが、真の意味での国土の開発とは、水害や地震に打ち克ち、豊かな農地を確保することです。これが無ければ、災害にも弱く、国民の生活も常に不安定なものになります。

その重要性が、いまひとつ知られてなくて、「売れればいい」「建てばいい」みたいになっているのが残念です。

あわせて読みたい
オランダの治水と締め切り大堤防 ~意思が世界を形作る
オランダの治水と締め切り大堤防 ~意思が世界を形作るオランダのアフシュライトダイク(締め切り大堤防は、1927年から1932年にかけて、国家的な治水事業の一環として建設された。全長32キロ、幅90メートル、高さ7.25メートルの威容を誇る治水施設の魅力を写真と動画で紹介。
あわせて読みたい
人工地盤と緑化堤防 ~インプラント工法と地盤造成の技術
人工地盤と緑化堤防 ~インプラント工法と地盤造成の技術未曾有の大洪水によって壊滅的な打撃を受けたフェールダムは復興ボランティアの必死の努力により、大地に徐々に緑を取り戻しつつあった。だが、再建を急ぐ地元経済界は臨海都市計画を立案。ヤンとヴァルターは人工地盤とインプラント工法の緑化堤防を用いたアイデアを対案に立てる。
あわせて読みたい
再建とは何か ~土地が蘇れば、何十年、何百年と作物を実らせる
再建とは何か ~土地が蘇れば、何十年、何百年と作物を実らせるヤンとヴァルターを中心とする復興ボランティアの必死の努力により、洪水で壊滅した干拓地も徐々に緑を取り戻しつつあったが、再建を急ぐ自治体と地元経済界の思惑が結びつき、一帯をモダンなリゾートにリビルドする臨海都市計画が持ち上がる。意思をもった人間として抗う決意をする。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる