なぜ、うちの子だけ

世間はだんだん本当のことを言わなくなる

なぜ、うちの子だけ

「本当のことを言って下さい」という人がいる。

でも、多くの人は、本当のことを言うと急に怒り出す。

ゆえに、世間はだんだん本当のことを言わなくなる。

誰も本当のことを言わないから、大切なことも伝わらない。

過ちは過ったまま、正されることもない。

聞こえのいいことばかりがもてはやされ、

人もだんだん盲目になっていく。

本当のことや大切なことは選ばれた人の耳だけに届くようだ。

Tags:

詩想と引用の関連記事

父と子

海上都市のプランが潰された時、お父さんはどこで何をしていたの? と聞かれた時、皆でビールを呑みながら文句を言ってただけだ、と、胸を張って答えられるか?  俺の父親は、洪水の夜、堤防を守りに自分の持ち場に戻った。 その為に命を落として、俺と母 […]

世界は変わる 変えると決めた人が変えるのだ

心の海が凪いでいる 目の前は 未だ黒い雲が垂れ込め 水面には陽も射さないけれど それを見つめる眼は 不思議なほど穏やか まるで心の海を映し出すように 風は荒ぶり 波は切り立つ それでも彼は水際に立ち 一人静かにつぶやくのだ 「世界中で この […]

身をもって生き様を示す

どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。