女性 ファンタジー

それでも、蛍は光を灯しつづける

女性 ファンタジー

蛍の光で書物を読むのは、蛍ではなく人間である。

蛍は自分の光で、自分を照らすことなどできないし、その光で自らの道を照らすこともできないであろう。

それでも、蛍は光を灯しつづける。

さかさま博物誌 青蛾館 さかさまシリーズ (角川文庫)

これは自身のことだろう、とつくづく。

世の中には、「役に立つ言葉」や「救いの言葉」があふれている。

でも、それを書いている本人には何の救いもなく、恵みもない。

ただ、ひたすら書き綴る。

本当にそれだけ。

それは文学に限らず、音楽でも、サービス業でも、製造業でも同様。

好きでやってるんじゃないか……という人もあるだろうが、自分も受け手と同じように喜んでやってる人など少数だろう。

以前、有名漫才師だったか、落語家だったか、「喋ってる本人は全然面白くない。なんでこんなにウケるのか、いつも不思議に思いながらやってる」というコメントをされたことがあるが、それはその通りだろう。自分が楽しむのと他人を楽しませるのはまた別だし、趣味の域を通り越せば、ひたすら芸の奉仕者になるのが本当だと思う。

それでも蛍のように光を灯し続ける。

そういう性に生まれついた人を才物と呼び、続けられることを天職というのだろう。

そこに野心も使命感もなく、最後は無色透明なエンティティみたいに無限に何かを作り出せるのが理想ではないだろうか。

Tags: ,

寺山修司の関連記事

手頃な幸福論で飼い慣らされる現代人の不幸について

いつの時代も『幸福論』は重宝されるが、「自分が幸せに感じるなら、全て良し」とする幸福論ほど、お手軽で、麻薬要素の強いものもない。 治ったような気がするだけで、実は何も解決しておらず、幸福に感じようとすればするほど、逆に破滅に突っ走っていくか […]

カモメ オランダ

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162392721005/質問の本からの質問ですオランダのカモメです それは『過去の自分』です。 『あの頃の私』が頑張ってくれたから、今の私があるわけで、過去の […]

note painting

美というものは、本来、何かを欠いたものです。完全な合理主義からは、美はおろかドラマも生まれてきません。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG