それでも、蛍は光を灯しつづける ~『さかさま博物館』

蛍の光で書物を読むのは、蛍ではなく人間である。

蛍は自分の光で、自分を照らすことなどできないし、その光で自らの道を照らすこともできないであろう。

それでも、蛍は光を灯しつづける。

さかさま博物誌 青蛾館 さかさまシリーズ (角川文庫)

これは自身のことだろう、とつくづく。

世の中には、「役に立つ言葉」や「救いの言葉」があふれている。

でも、それを書いている本人には何の救いもなく、恵みもない。

ただ、ひたすら書き綴る。

本当にそれだけ。

それは文学に限らず、音楽でも、サービス業でも、製造業でも同様。

好きでやってるんじゃないか……という人もあるだろうが、自分も受け手と同じように喜んでやってる人など少数だろう。

以前、有名漫才師だったか、落語家だったか、「喋ってる本人は全然面白くない。なんでこんなにウケるのか、いつも不思議に思いながらやってる」というコメントをされたことがあるが、それはその通りだろう。自分が楽しむのと他人を楽しませるのはまた別だし、趣味の域を通り越せば、ひたすら芸の奉仕者になるのが本当だと思う。

それでも蛍のように光を灯し続ける。

そういう性に生まれついた人を才物と呼び、続けられることを天職というのだろう。

そこに野心も使命感もなく、最後は無色透明なエンティティみたいに無限に何かを作り出せるのが理想ではないだろうか。

それでも、蛍は光を灯しつづける ~『さかさま博物館』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる