淀川長治

愛なき評論はアーティストを殺す

淀川長治

私も子供の頃からTVのロードショーは大好きで、日曜、月曜、木曜、金曜、土曜、ほぼ毎日、TVに釘付けになっていたものです。

それが「エマニュエル夫人」であろうと(10歳の時に鑑賞)、「サスペリア」であろうと。

そして、TVロードショーの面白さは、なんといっても映画解説でしょう。

日曜=淀川長治さん、月曜=荻昌弘さん、金曜=高島忠夫さん。

どの方の解説も心に深く残っています。

*

そんな中、淀川長治さんが非常に興味深い話をしておられました。(これは多分、雑誌『スクリーン』か『ロードショー』で読んだと思います)

日曜洋画劇場といえど、毎回「ローマの休日」や「スターウォーズ」みたいな一級品ばかり放映するわけじゃない。

やはり予算の都合で、数回に1回は「アナコンダ」「コンゴ」(しょっちゅうやってた)、「恐怖 巨大イカの逆襲」みたいな、超低予算、超マイナーな作品が流れます。

まあ、放映権のお金が安いからでしょうね。

でも、そんなヘタレな作品でも、淀川さんは、その都度、心をこめて解説されるわけですよ。

どこを、どう見ても、面白くも何ともない、C級パニック映画でも。

「うわ~、こんな作品でも一所懸命にヨイショしなければならないなんて、淀川さんも気の毒~~」と思っていたら、やはり似たような感想を持つ人は他にもあったようです。

ある日、ファンの方から、「どうやったら、あんな駄作でも熱心に解説できるんですか」という手紙を受け取ったそう。

それについて、淀川さんはこんな風に答えておられました。

「どんな作品でも、必ず一つは褒めるところがある。その良い所を見つけ出すのが評論家の仕事」

この言葉を知った時、ああ、この方は本当に映画を愛しておられるのだな、と思いました。

そうでなければ、「アナコンダ」や「巨大イカの逆襲」に、温かい解説は付けられない。

それも一度限りじゃなくて、数ヶ月に1回は朝日放送もネタが尽きたように出してくるんですよ。

その度に、「すごいですね、怖いですね、巨大イカ! 船の横からガバーっと出てきますね、実はこの監督さん、この後に○○という作品も撮ってますね、上手いですね」なんて、視聴者に「ほんまかいな」と期待を抱かせるような解説はできません。

愛があるから、見る人の心も動かせるのです。たとえ鑑賞後に「騙された・・・」と感じたとしても。

*

評論といえば、「レミーのおいしいレストラン」で、厳格な料理評論家のアントン・イーゴが、ねずみのレミーが作るラタトゥーユに心を動かされ、新聞に素晴らしい批評を載せる場面が印象的でした。

評論とはどうあるべきかを真摯に語った台詞だと思います。

*

もちろん、何でもヨイショすればいいというものではない。

「巨大イカの逆襲」が救いようもないほど退屈で、どう見ても予算けちってるのが丸わかり(比叡山お化け屋敷の方が怖いやないけ)、一体何が目的でこんな映画を撮ったのか、「バッキャロー、金返せ」な作品にまでお愛想で五つ星レビューを付けていては、別の意味で映画産業が衰退してしまいます。

それでも、批判するにもそれなりの礼儀作法が必要だし、救いようがないほど叩いたところで、作り手の能力が向上するわけでもない。

愛のない批判は、ただの蔑みと言えなくもありません。

それはイーゴいわく「書き手にとっても、読み手にとっても痛快」かもしれませんが、何をも育てないんですよね。

だからといって、私に「巨大イカ」の面白さを見出すことは100年経っても不可能でしょう。

あれを二時間通しで鑑賞するのを強要されるぐらいなら、話のネタに「死霊の盆踊り」でも見た方がマシ。

そういう点で、淀川さんほどの愛情は持てないのが現状です。

*

ネットが普及して「一億総評論家時代」とも言われていますが、Amazonで一つ星を付ける時にも、最低限、思いやりは持ちたいものですね。

アーティストに希望も逃げ道も与えない批評は、せっかくの才能の萌芽も潰してしまいますからね。

*

ちなみに、「アナコンダ」や「巨大イカの逆襲」にかけるべき言葉は何だろう。。。

ここで詰まってしまうところが、私と淀川さんの差です(´。`)

Photo : http://wallup.net/funny-pirate-squid-high-resolution/http://wallup.net/funny-pirate-squid-high-resolution/

Tags:

映画の関連記事

ハミングバード ジェイソン・ステイサム

ジェイソン・ステイサムって、アクションは上手いし、顔も上等だし、どこをとっても申し分のない、いい役者さんだな……とは思っていましたが、長い間、いまいち好きになれませんでした。 理由は、ジェイソン・ステイサムは、アクション映画に『薔薇とワイン […]

レミーのおいしいレストラン

厳しい批評は、書く側にとっても、読む側にとっても楽しいものだ。料理人たちが命懸けで作った料理にも、批評家たちは厳しい審判を下す。だが、批評家も時には冒険をする。それは新しい才能が登場した時だ。誰もが偉大な芸術家になれるわけではないが、誰が偉大な芸術家になってもおかしくはない

薬師丸ひろ子

角川の高校生アイドルから大人の女優へ成長を遂げた薬師丸ひろ子の記念碑的作品。大女優の愛人スキャンダルと舞台劇『Wの悲劇』がシンクロし、絶頂期の三田佳子の迫真の演技に目が釘付けになる。「好きな芝居を作るため、女使いませんでした?」「顔ぶたないで。私、女優なんだから」などの名台詞を画像付きで紹介。