猫

一度やめてしまったものは取り返しがつかない

猫

たいていの物事は、やめようと思えば、いつでもやめられるものだ。

だが、やめてどうなる? 

と問われたら、何とも答えようがない。

答えがないということは、先が無い、ということだ。

何もかも終わりだ。

それで本当に気が済むなら、やめればいいが、あとでしまったと気付いても、一度やめてしまったものは、どうにも取り返しがつかない。’

Tags:

詩想と引用の関連記事

哀れで不幸な女

今 私ほど不幸な女もないだろう 空は灰色 地には空っ風 憂鬱以外 何もありゃしない 恋に憑かれてからというもの―― 恋は一瞬にして 心の平安を奪ってしまった 今じゃ希望も悦びも あなたなしには あり得ない あなただけが唯一私を救うことができ […]

幸せになるのが怖い

世の多くの人は 孤独が苦手というよりも 周りの人に『ぼっち』とか『孤独な奴』とか思われるのが苦痛なんだよね 世の多くの人は 案外 一人で居るのが好きなはずだけど 周りの目が気になって 一人で居られない そして だんだん 強迫神経症みたいにな […]

真珠 バラ

愛でも、夢でも、閃きでも、何ものにも顧みられず、胸に抱き続けることは苦しいものだ。ダイヤの原石か、ただの石ころか分からぬものを、ひたすら自分の中で磨き続けることは。