孤独 Notes

言い訳の中に人生を埋もれさせてゆく

孤独 Notes

幸せを求める気持ちは皆同じ──特別な人など何処にもいやしない。

心にいろんな誤魔化しを強いながら、私たちは事実から目を背け、代替品ばかりを求め歩く。

「気付き」こそ真実に至る第一歩であるにもかかわらず、言い訳の中に人生を埋もれさせてゆく。

なぜ私たちはそれほどまでに自分自身に対して──真の希求に対して──臆病なのだろう。

私たちが真に求めているものは、そんなにも遠いのだろうか。

一生かかっても、巡り会えないほどに──?

間違ったやり方で、私たちは私たち自身をいっそう追い詰め、討ち滅ぼしてしまう。

目を持ちながら、盲いた人間の何と多いことか。

Tags:

詩想と引用の関連記事

Notes of Life

知れば知るほど苦しみも増すが 知らなければ、得るものも無い。 いわば、悲しみや苦しみは、知ることの代償なのだ。 実のあるものを求める限り、影も付いてくる

夕暮れ 孤独

人間の孤独や苦悩の本質について考えたとき、私が真っ先に思い浮かべるのは、『エゴ』だ。 誰だって、自分が可愛い。 できれば、自分だけは傷つきたくないと思う。 そうして、いつしか心が自身の事でいっぱいになった時、私たちは利己的な欲望の塊になる。 […]

惑星 Notes

1998年のこと。 パソコン通信のフォーラムに飽きたのがキッカケで自サイトを作ろうと思い立ち、かの有名な制作ソフト『IBM ホームページビルダー』をいじりながら、肝心の『タイトル』を考えていた時、ふと目に入ったのが、CDラックに飾ってあった […]