猫 Notes

「怒ること」は悪ではない

猫 Notes

世の中にはいろんな育児書があり、生き方指南の本があり、女性の為のハッピーアドバイスがあふれていますが、その中で「怒ること」を推奨している言葉ってまずないと思います。

怒るな。

イヤな気持ちを顔に出すな。

感情をコントロールせよ。

確かに、その通りです。

職場で、近所づきあいで、世の中を上手に渡って行くには「ムカっ!」とくる気持ちを上手に抑え、時には心にもない言葉でその場を取り繕うことも必要でしょう。

でも、自分にとって、本当に大切な人間関係において、そうした考え方はむしろ障害になることがあります。

本当に怒るべき時に怒りの気持ちを表現することができず、むしろ「怒っている自分」に嫌気が差したり、罪悪感をもったりして、相手に何も言えなくなってしまうのです。

そうなると、相手に自分を解ってもらうことはできないし、相手の気持ちも分からなくなる。

表面上、波風立てずに上手く行っても「心がふれあう」という体験がなくなってしまうのです。

そもそも「仲が良い」=「ケンカしない」という定義が間違いですね。

相手が近所のおばさんや職場でちょっと顔を合わす程度の同僚ならそれでいいかもしれませんが、夫とか、彼氏とか、大の親友とか、親子とか、自分にとって本当に大切な人間関係において、本当の気持ち=怒りを抑え、相手に何も言わないことは必ずしも善ではないし、ケンカしないからお互いのことを理解し合い、深く愛し合っているというわけではないのです。

「怒り」もまたあなたの心の一部分であり、心が感じることに「悪いもの」などありません。(それをみさかいなく他人にぶつけない限りは)

否定するから、自分が自分でないような気がする。

うわべだけで人と付き合うから、いつまでも孤独感から抜けきれないのです。

あなたは「怒り」をもっと大事にしていい。

人間の気持ちの一つとして尊重していい。

それをどう表現するかが問題であって、怒りそのものが悪ではないのです。

もっと自分の怒りを大事にしてください。

Tags:

言葉の倉庫の関連記事

自分と向き合う勇気をもとう

高校を卒業後、もう一歩、踏み込んで英語を勉強するようになってから、 ちょっと感動した英単語の一つに『FACE』があります。 Face=フェイス と言えば、『顔』。 小学生でも知ってる英単語ですが、「顔」以外に「向かい合う」という意味あるんで […]

親の死を願っても、人生は変わらない

その上で言うのですが、親の死を願っても、人生は変わりません。 「親 死ね」「殺す」と呪ったところで、親子関係が劇的に変わるわけでもなければ、自分自身が幸せになるわけでもありません。 呪いから解放され、幸福を掴みたければ、我が道を行くこと。 […]

宇宙

>じゃあなんで私は自分のDNAを残したいと思わないんだろうか・・と、それは死に間際にものすごく感じる気持ちなんじゃないかと思います。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG