Notes of Life

イッセイ・ミヤケの言葉

Notes of Life

ファッション・デザイナー イッセイ・ミヤケの内弟子に二十代 の優秀な女性デザイナーがいて、ブティックを開いたら、どんどん売れるようになったらしい。

ところが、自分の作りたい服と、売れる服がどんどん違ってくるよ うになり、彼女はイッセイに相談した。

「自分の作りたい服と、売れる服と、どちらを主流にすれば良いの か分かりません」

するとイッセイはこう答えた。 

「君は自分の作りたい服を作ることで、ここまで売れるようになったんだろう? だったら、これからも自分の作りたい服を作り続け なさい」

彼女は一瞬で迷いが消え、売れる売れないに関わらず、自分のデザ インに専心するようになった。

そして今も第一線で活躍しておられるとのこと。

これは皆さんにも当てはまる言葉。

何においても、迷いが生じた時は、 自分を信じて、頑張ること。

いつも、どんな時も。

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

運命 出会いと別れ

他人の運命の歯車が、否応なしに自分の運命の歯車を回し、その歯車は、また別の人間の歯車を回していく。 人と人を出会わせ、また別れにいたらしめる運命とは一体なんなのか。 人は個々に独立した存在だが、運命は確かに人智を超えた次元に存在し、大いなる […]

身をもって生き様を示す

どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。

オランダ

「人間とは乗り越えられるものだよ」と髭の教授は言った。「創造的であることが、あらゆる苦悩から我々を救ってくれる。傷つき、苦しむ自分を恥じなくなった時、本当の意味で君は悲劇から自由になれる」