何を信じ、どう貫くか リュック・ベンソンの映画『ジャンヌダルク』と正しい信仰心

新作『ジャンヌ・ダルク』を完成させた 映画監督リュック・ベンソンの言葉。

質問: なぜ世紀末のヒロインに、 ジャンヌ・ダルクを選ばれたのですか?

ベンソン: 現代は、信じられるものがない。だから、何かを信じぬいた少女を描きたかった。

公開当時のシネマ情報より

ジャンヌが「信じぬいたもの」って何だと思います?

私は、「神の声」そのものではなく、 『私は神の声を聞いた』という「自分自身」だったと思います。

この世で最強なのは、信仰をもった人間。

対象は何だって良い。

肝心なのは、「正しい信仰」をもつことです。

初稿:1999年

ここからはネタバレになるけれど、

私が一番印象に残ったのが、ラスト、処刑の決まったジャンヌ・ダルクが、ダスティン・ホフマン演じる『ジャンヌの良心』(いわば神そのもの)に、「お前は自分が見たいものを見て、自分が信じたいものを信じた。それは傲慢だ」のように諭される場面。

確かに、ジャンヌが本当に神のお告げを受けたのかどうかは誰にも分からない。

証拠となる文書があるわけでもなければ、それを示す超常能力があるわけでもない、いわば自己申告の聖女だからだ。

映画の中でも、草むらに落ちていた剣を「天からの授かりもの」と思い込み、盲信するジャンヌの姿が描かれているが、それはどんな人間にも当てはまることだ。「あの人に嫌がらせをされた」とか「彼はまだ自分を愛している」とか、物事を自分の都合よく解釈し、自身の人生を破壊するばかりか、周りも巻き込んで、さんざんに振り回す例は枚挙にいとまが無い。ジャンヌもその典型で、全ては究極の思い込みというのが、本作におけるリュック・ベンソンの主張である。

だとしても、何かを信じる気持ちは他のどんな慰めや励ましにもまさる。

たとえそれが得手勝手な妄想としても、自分を信じきれる人間は馬鹿みたいに強い。

ちょっとしたことで、すぐに心が折れてしまうのは、弱いというより、信じるものがないからだろう。

極端な喩えだが、拷問されても改宗しない信徒は、その真逆といえる。

自分、あるいは、家族や友人など、心から信じるものがあれば、迷いもせず、挫けもせず、突き進んで行けるものなのだけど。

ただし「何を信じるか」は自分で考えなければならないし、信じる対象を誤れば、大量殺人犯にもなる。

肝心なのは、正しい信仰の対象をもつこと。(信仰がおおげさなら、信頼と置き換えてもいい)

そして、信じ抜くこと。

信じる心は、しばしば、試されるものだから。

DVDとAmazonプライムビデオの紹介

本作は、『フィフス・エレメント』で一躍有名になったミラ・ジョボヴィッチを再び主演に迎え、過去作とはタッチの異なる歴史スペクタクルです。
LEONニキータで涙した私としては、「期待したほどでは……」というのが正直な感想ですが、聖女ジャンヌ・ダルクに対する解釈は斬新で、面白かったです。
その後のジョボヴィッチは『バイオハザード』でアクション女優の位置づけになってしまいましたが、なんか勿体ないような気がするのは私だけ??
今後は社会派ドラマや重厚サスペンスにも挑戦して、幅を広げてもらいたいです(^^)

ジャンヌ・ダルク スペシャル・プライス [DVD]
出演者  ミラ・ジョヴォヴィッチ (出演), ジョン・マルコヴィッチ (出演), フェイ・ダナウェイ (出演), ダスティン・ホフマン (出演), ヴァンサン・カッセル (出演), リュック・ベッソン (監督)
監督  
定価  ¥949
中古 17点 & 新品  ¥949 から

Amazonプライムビデオで視聴する

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる