海 くらげ

クラゲ ~月に生まれ変わる~

海 くらげ

クラゲは死ぬと
黄色い月に生まれ変わるらしい

二十八夜ごとに
一匹ずつ
新しい生命をもらって
海の底から立ち昇るそうだ

だけど 
そこにも 
ちゃんと一生があって
新たに生まれた月も
十五夜を過ぎれば欠け始め
二十七夜には回帰の月になって
夜の闇に消えてゆく

そうして月の一生を終えたクラゲは
再び海に落ちて
卵に生まれ変わる

もう一度 
生きるために
光より透き通った
身体をもらうんだよ

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG