海 くらげ

クラゲ ~月に生まれ変わる~

海 くらげ

クラゲは死ぬと
黄色い月に生まれ変わるらしい

二十八夜ごとに
一匹ずつ
新しい生命をもらって
海の底から立ち昇るそうだ

だけど 
そこにも 
ちゃんと一生があって
新たに生まれた月も
十五夜を過ぎれば欠け始め
二十七夜には回帰の月になって
夜の闇に消えてゆく

そうして月の一生を終えたクラゲは
再び海に落ちて
卵に生まれ変わる

もう一度 
生きるために
光より透き通った
身体をもらうんだよ

Tags:

詩想と引用の関連記事

表現は月の光と同じ

表現は、月の光と同じ。 人の目に映るのは、月そのものではなく、投影された光だから。 それは月に見えるが、月自身ではないのだ。

愛の効能

私の想いを大切にしてくれる、ということは、 私という人間を大切にしてくれている、ということ。 だから私も、自分という人間を愛せるようになったのよ。 三番街にピアノが鳴ったら

自転車

軽やかに 走ろう 空気入れたての 自転車みたいに 世界をありのままに 感じることができるのだから