人生なんて相談しても仕方がないことが多い

数奇な人生を経験した奇跡のピアニストとして一躍有名になったフジ子・ヘミングさんの著書『運命の力』に、こんな言葉があります。

人生なんて、人に相談しても仕方がないことが多い――

本当にその通りで、相談する方も、された方も、どうしようもない事の方がうんと多いと思います。別の章にも、<私を認めて勇気をつけてくれた人は、みんな純粋でいい人ばかりだった。でも「じゃあ、どうすればいいの」って訊くと応えられない。言ってくれる人も貧乏で、なにもできなかったから>というエピソードがありますが、それが現実です。

たとえば、ブラック企業の過重労働に悩んでいる人に「仕事がつらい。辞めたい」と相談されても、「そうね、辞めた方がいいかもね」と答えることはできても、具体策までは提示できないでしょう。よほど強力なコネがあって、「あなた、私の伯父の会社に転職しなさいよ」と話がぽんぽんと決まるならともかく、世の多くの人はそうではありません。皆さんも、貧困や虐待のニュースを見聞きしても、実際に相手の家庭に立ち入って、ああしなさい、こうしましょうと、具体的に手助けできるわけではないでしょう。

[passster password="luuk"]

それと同じで、周りに悩みを打ち明けたところで、雲が晴れるように解決することなど、まずありません。結局は、自分で考え、自分で選び、原因を取り除いて、乗り越えていかないといけない。みな、相談、相談と簡単に言うけども、他人に相談して解決できることなど、ほんの入り口に過ぎない、ということを心に留めないと、かえって失望や無力感に苛まれることになるんですね。

でも、それは決して周りが冷たいわけではない。ドラえもんのポケットみたいに、そうそう自分に都合のいい話はどこにもない、という現実です。

だから、自助努力が大切……という話ではなく、「そういうもの」と受け止めることによって、不幸感や疎外感もコントロールできるという喩えです。

「本当に心が優しいなら、私の悩みにも耳を傾けて、手助けするべき」という考えでいれば、人と付き合う度に、裏切られた、世の中は冷たいと失望し、皆が無関心なのは私が駄目な人間だからと自己嫌悪に陥るでしょう。

そうではなく、みな自分のことで精一杯、人生なんて相談しても仕方がないことが多い……という気持ちでいれば、周りに過剰に期待して、逆恨みすることもありません。

あなたが愛されないから誰にも何もしてもらえないのではなく、人には出来ることと出来ないことがある。

「あの人は、これだけしかしてくれない」とあなたが不満に感じることも、相手にとっては、それが精一杯の心遣いだったりします。

そこを勘違いすると、周りも困惑するし、あなたも不幸感に陥って、ますます孤立することになるのです。

だからといって、この世のどこにも救いがないわけではなく、どんな人も多かれ少なかれ、他人の役に立ちたいと願っています(自分にできる範囲で)。

相手に過剰な要求さえしなければ、持ちつ持たれつで心地よい人間関係は保てるし、日常の小さな気遣いが意外と大きな心の支えになったりもします。

「他人が与えてくれるのは、ほんのきっかけに過ぎない」という真理を心に留めるだけで、この世はずいぶん生きやすくなるものです。

[/passster]

周りの人をカウンセラーにしない

じゃあ、心の弱った人は、誰にその悩みを打ち明ければいいの……。

第一には、専門家、もしくは社会活動として取り組んでいる団体などに相談することです。

何でも話せる友だちが近くにあればいいですが、そういう相手がないから、『月額千円で手に入る幸せのメソッド。愛される秘訣をお教えします』『空しい社畜人生にサヨウナラ。今日から好きなことだけして自由に生きる最強のセミナー』みたいな宣伝に心を引かれるわけでしょう。そりゃあ、他人の悩みがお金になるなら、誰でも善人になるし、聞こえのいい事しかいいませんよ。あの人とお近づきになれば、有名人とも知り合いになれて、一気に人気者になれるかも……と期待すれば、人はいくらでもお金を積みますからね。

しかしね、冷静に考えて下さい。

あなたも自分の問題で心がいっぱいなように、周りの人もいろんな問題を抱えています。家賃の振り込み、進まぬ商談、子供の進学、老親の看病、雨樋の修理、この世に何の悩みもない人など皆無です。世の九割は今日一日を生き抜くのに精一杯、何かしたいと思っても、時間的、金銭的、気力・体力の余裕もなく、虐待のニュースを見る度に「可哀想やなぁ」と胸を痛めるのが精一杯でしょう。

そんな中、さして親しくもない人から、延々と愚痴や恨み言を聞かされたり、「あなたもAさんを許せないですよね、ね、ね、」みたいに同意を求められたら、心の優しい人でも(勘弁してくれ)と言いたくなるのが人情です。その人が冷たいわけでもなければ、無関心なわけでもない、日々の生活に疲れ切って、煩わしいことは一つでも避けたい、というのが本音だからです。

[passster password="luuk"]
それでも時には気持ちに余裕があって、誰かの悩みに耳を傾けたりもするでしょう。

その際、「話を聞いてくれて、ありがとう」と感謝されるならともかく、「やっぱり私の気持ちなんて分かってない」「あんな上司は頼りない」みたいに逆ギレされたら、もう二度と話しかけないでくれ、という気持ちにもなります。

また、あなたの目から見れば、「飼い猫のお腹の調子が悪いからといって、どれほどの問題なの? 私の苦しみの方がもっと大事!」であっても、相手にとっては、飼い猫のお腹の調子の方がずっと大事なこともあります。人間は猫より劣るのか……という問題ではなく、日常とはそういうものです。あなたの問題を一番に考えてくれないからといって、逆恨みするのはお門違いなんですね。

それなら、社会的に活動している団体や専門家に頼った方が、自分の為でもあるし、周りの為でもあると思います。今はウェブサイトやSNSなどで積極的にPRされているので、まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょう。

良質な団体を見分けるコツは、代表者や運営組織の情報がきちんと表示されていること。活動内容が詳しく紹介されて、親しみやすい内容に仕上がっていることです。情報の更新が何年~何ヶ月も滞っていたり、オンライン地図で住所を検索しても、活動とは全く無関係な民家や空き地が表示されるようであれば、ちょっと疑った方がいいです。一見、きちんとした団体や会社に見えても、名義貸しみたいな事をやっているところもありますのでね。

インターネットの掲示板やSNSを利用するのもいいですが、中には、わざと意地悪い回答をして、憂さ晴らしする人もあるので、かえって気持ちを傷つけられるかもしれません。親切を装った犯罪にも注意が必要です。匿名なら、管理が行き届いているコミュニティを利用しましょう。回答者が実名・顔出しで対応する、『お坊さんに質問、悩み相談できるQ&Aサイト hasunoha』みたいなところです。

理想を言えば、身近な大人や友人が親身になってくれるのが一番ですが、それはいい大人でも難しいものです。人には出来ることと出来ないことがありますし、相談したことで、かえって人間関係にヒビが入ることもあるからです。問題解決にはお金や仲介が必要なこともありますし、相談された方がかえって罪悪感に苛まれることもあります。相談というのは、決して善意だけで成り立つものではなく、そこを勘違いすると、いっそう問題をこじらせる原因になるんですね。

だからこそ、相談する時は相手の人柄や状況をよく見なければならないし(いくら善良な人でも仕事で四苦八苦している時に他人の悩みは聞けません)、どんな小さな事でも、何かしてもらったら「ありがとう」、過剰な期待や逆恨みは避けて、少しずつ信頼を積み重ねるのが、良い人間関係を繋ぐ秘訣です。
[/passster]

[afTag id=50700]

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる