常識と言う名のファシズム

人は、自分に理解できるものしか理解しない。

本来、常識などというものは、どこにも存在せず、

『自分に分かるもの』と『分からないもの』の尺度があるだけで、

多くの物事は主観によって価値が決まる。

そして、多数が支持するものを【常識】と呼ぶ。

私たちが日常的な裁きに用いる尺度も、裏を返せば、多数派のファシズムなのだ。

『言い訳』は女性の幸せを遠ざける

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる