女性

常識と言う名のファシズム

女性

人は、自分に理解できるものしか理解しない。

本来、常識などというものは、どこにも存在せず、

『自分に分かるもの』と『分からないもの』の尺度があるだけで、

多くの物事は主観によって価値が決まる。

そして、多数が支持するものを【常識】と呼ぶ。

私たちが日常的な裁きに用いる尺度も、裏を返せば、多数派のファシズムなのだ。

Tags:

詩想と引用の関連記事

カモ

ユキちゃん。 いつもバタバタして、ごめんね。 掃除。洗濯。買い物。炊事。 やることがいっぱいあって、 いつもユキちゃんをひとりぼっちにさせてしまう。 「お台所をするから、ちょっとだけ待っててね」 そう言って、今日もユキちゃんをベッドに一人、 […]

若者の劣等感、敗北感、挫折感

盗人の烙印を押されたまま、誰にも信じてもらえず、故郷にも戻れず、世間を欺いた卑怯者として人々の記憶に残るぐらいなら、いっそこの世から消えてしまいたい――と思ったこともあったが、結局、その勇気もなく、負け犬みたいに拾われて、今は成功者の圧倒的な強さ(パワー)に打ちのめされるばかりである。

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

運命は、それ自体に意味はないの。そこに意思が働いて初めて、意味のある何かになるのよ。あの人が栄光を掴んだとしても、それは幸運ではなく意思の勝利よ。運命のお膳立ては、決して本人の目には見えないのだから

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG