Notes of Life

欲しいものはただ一つなのに

Notes of Life

私たちは、自分自身についても、その他の物事についても、余りに複雑に考えすぎる。

欲しいものはただ一つのはずなのに、それを得るのが難しいばかりに──あるいは認めるのが苦痛なばかりに──

私たちは回り道ばかりして、余計な苦しみをいっぱいに背負い込んでいる。

Tags:

詩想と引用の関連記事

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

なぜ 人間だけが 自分は無意味などと思うのだろう 深い海の底を覗けば 何のために生きているのか分からないような 生物がごまんといる 誰に知られることなく 息づいているような生き物が その一つ一つが 何のために生きているのかと疑いだせば 生命 […]

Twitter

ネットで見かける多くの書き込みは、 一見ダイアローグ(対話)のように見えて、 本質はモノローグ(独白)である。 相手に話しかけているように見えて、その実、自分の方しか見えてない。 それを生きた人間関係のように思い込んでしまうところに、様々な […]

女性 天使

言葉は 時に 病的に 私に襲いかかる だけど それは 私がPure だからではなく 泥も光も あわせ持った 生々しい生き物だから ここではない何処か この世を離れた何処かへ 今すぐ飛んで行こう 心が新しいうちに 言葉が死なないうちに 初稿: […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG