注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
『死』は最後に訪れる救済だから、僕たちはどんな風にでも夢見ることができる

『死』は最後に訪れる救済だから、僕たちはどんな風にでも夢見ることができる ~カフカの日記より

『死』は最後に訪れる救済だから、僕たちはどんな風にでも夢見ることができる

おかしな話だが、『文学的な自殺』の観念にこそ、その人柄、あるいは青春の全てが凝縮されているような気がする。

断っておくが、ここで取り上げているのは「文学的な死」であって、うつ病や社会的死とは異なる(と、いちいち、断りを入れなければならないのが、現行のネットの面倒なところ)

フランツ・カフカは、友人のマックス・ブロートに宛てて、こんな手紙を書いている。

[ 前略 ]

すでに子供のころから見えていた、いちばん近い逃げ道は、自殺ではなく、自殺を考えることだった

僕の場合、僕を自殺から遠ざけたものは、なにもわざわざ臆病さをでっちあげるほどのこともなくて、おなじく無意味な結果に終わる次のような熟慮反省のなせるわざにすぎない。

つまり「何もできないお前が、よりによってそんなことをしようというのか? どうしてそれだけのことを考える勇気があるのか? 自分を殺せるのなら、いわばそんな必要もありはしない」、等々。

やがてぼつぼつまたちがった見方も加わってきて、自殺のことを考えるのはやめてしまった。

そのとき僕が直面していたものは、もし僕が混乱した希望や、孤独な幸福状態や、誇張した虚栄心や抜け出た場所で明晰に考えていたのだとすれば、(まさしくこの「抜け出る」というのが<生き続け>ようとすればなかなか耐えられないように、僕にはめったにうまくいかなかったのだが)それは惨めな生、惨めな死、ということだった。

「あたかも恥ずかしさが、彼よりも生き延びるはずのようだった」というのが、たとえば『審判』の結びの言葉だ。

1917年11月中旬

カフカは、1883年7月3日生まれなので、34歳の記述である。

昨今、子供が「死」について考えると、「頑張って、生きろ」「命を粗末にするな」という話になるのだが、本当に病的な希死念慮や自殺願望と異なり、子供が『脱出』の手立てとして自死を思い描くのは、実に自然なことだと思う。

残念ながら、子供は大人のように、生活を立てる術を持たないし、家を借りることも、日銭を稼ぐこともできない。

親の支配下に置かれた籠の鳥であり、唯一、出て行ける先は学校だけ。

だが、その学校も、必ずしも子供に優しいわけではなく、教師は鬼か道化みたいだし、級友は揃い揃ってアホばかりとくる。

そんな中で、「未来に希望を持て」と言われても、持てる方が少数で、生まれて早々、世間と人生に幻滅した子供は、死=己の滅失に救いを求める他ない。

それは決して逃避ではなく、むしろ、高尚であり続ける為の闘いだ。

彼にとって、敗北とは、妥協であり、諦めであり、地にひれ伏すことに等しいからだ。

そんな子供にとって、自殺について考えることは、一種の精神的遊びであって、大人や病者のそれとは大きく異なる。

一言で言えば、ファンタジー。

現実の死から、もっとも遠い所に居るから、『死』というものが、苦悩や孤独から解き放ってくれる魔法みたいに思え、「死の瞬間」や「死んだ後の世界」を夢に描くことができる。

「転職」とか「引越」とか「自活」とかいう選択肢のない子供にとって、死だけが、唯一、自分を自由にしてくれる手立てだからだ。

そして、一度でも、そうした感情を経験したならば、死を口にする子供の話にも、「ああ、そうね」と頷くところがあるのだが、理想や繊細さとは全く無縁な大人には、子供が自殺について語るなど、とんでもない事だったりする。

叱り、諭し、子供を死のファンタジーから引き剥がそうとするが、それはむしろ逆効果で、子供の心をますます頑なにするだけだろう。

時に、死を夢見ることは、心を癒やすことでもあると、理解しなければ。

ところで、カフカは、自殺について思い巡らせながらも、結局、自殺することなく、40歳で夭折した。

自分からわざわざ死んでみせなくても、結核という病が、もやもやした人生に終止符を打ってくれた。

それを悲劇と見るか、救いととるか、本当のところは、カフカ本人にしか分からない。

ただ一つ、確かなのは、死を想う繊細さがなければ、私たちは、「変身」のような傑作に嘆息することも、ひたすら暗い「日記」に目眩を覚えることもなかった……ということだ。

世の全ての迷える子羊たちに乾杯。

 夢・アフォリズム・詩 (平凡社ライブラリー) (文庫)
 著者  F.カフカ (著), 仙太郎, 吉田 (Unknown)
 定価  ¥1,282
 中古 32点 & 新品  ¥457 から

読んでいて目眩がするような随想(つぶやき)がいっぱい。

この世は、繊細な人間には居場所がないことを思い知らされる。

カフカが現代に生きていたら、ひたすら売れないブログを書き続けていただろう。

『死』は最後に訪れる救済だから、僕たちはどんな風にでも夢見ることができるというのは私の一文です。

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD
ブックカバー
宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業の攻防と、海洋社会の未来を描く人間ドラマ。心に傷を負った潜水艇のパイロットが、恋と仕事を通して成長する物語です。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('<!DOCTYPE html>...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149