海岸

知見は時に絶望しかもたらさない フランツ・カフカの『ロビンソン・クルーソー』

海岸

幸せに生きるコツ――なりふり構わず

ロビンソン・クルーソーが島のもっとも高い一点、より正確には、もっとも見晴らしのきく一点にとどまりつづけていたとしたら――

慰めから、恐怖から、無知から、憧れから、その理由はともかくも――そのとき彼はいち早く、くたばっていただろう。

ロビンソン・クルーソーは沖合を通りかかるかもしれない船や、性能の悪い望遠鏡のことは考えず、島の調査にとりかかり、またそれをたのしんだ。

そのため、いのちを永らえたし、理性的に当然の結果として、その身を発見されたのである。

カフカ寓話集 (岩波文庫)

今の時代、「知っていること」「備えがあること」は、現代人の幸せ術として必須のものだけど、知っているがゆえ、備えがあるが為に、かえって身がすくむこともあると思う。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの言葉にもあるように、人間、時には、何も考えずに思い切ったことをする勇気と勢いも肝心。

いつでも最上の場所が、最高の結果をもたらすとは限らない。

見えすぎることや知りすぎることは、時に身を滅ぼすという意味で、人間、真ん中あたりを、無我夢中で這い上がっている時が、一番安定しているんじゃないか。

絶望もせず、転げ落ちることもなく、ひたすら上っていく、あの時が。

こうした言葉を絶望名人カフカが記しているのも興味深い。

 カフカ寓話集 (岩波文庫) (文庫)
 著者  カフカ
 定価  ¥ 778
 中古 45点 & 新品  ¥ 2 から
  (0 件のカスタマーレビュー)

ギャラリー

[metaslider id=”46653″]

Tags: , , ,

文学・哲学・寓話の関連記事

女性

あなたが「仕事、仕事」と言いながら、いつもいつも満足していないのは、あなたの真に求めているものが仕事の成功ではなく、愛だからである。あなたは愛を育てる土壌の上に、仕事の花を咲かせようとしている。だから仕事をしているときに、いつも心のどこかで、「これじゃない、これじゃない」と思っている。

ロンドン 児童労働

世界を変える大潮流となったマルクスの共産主義思想はどのような経緯で誕生したのだろうか。人と思想を語る場合、まずは背景となる歴史を理解しなければならぬという小牧治氏の精神に従い、産業革命後、急速に近代化・工業化が始まった19世紀と、その弊害を目の当たりにしたマルクスの労働者救済の思いを紹介。

かなたへ――われは向かわんと欲する今より頼るは この我と わがうで(伎倆)のみ海原は眼前にひらけその蒼茫の涯へとわがジェノアの船は乗り出す大きな試練は大きな苦痛を伴うかもしれないが、それは選ばれた人間だけが背負うことのできる天命と思う。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG