ポーランドの歌姫 KAYAH 『Do D.N.A』 ~永住を決心させたヒット曲

目次

ポーランドの歌姫 Kayah(カヤ)について

ポーランドの誇る歌姫Kayah(本名 Katarzyna Rooijens(カタジーナ・ルーイエンス、旧姓Szczot(シュチョット)は、1967年11月5日、ポーランドに生まれました。
1985年、Anny Narkiewicz(アンネ・ナルキエヴィツ)のピアノ科で学位を取得し、Rastar、ZgodaならびにTiltemといったグループと共に歌手としての活動を開始しました。
1988年、 Karlshamで開催された、国民バルト海沿岸音楽フェスティバル(直訳すれば)で特別賞を受賞。
同年、ポーランド・レコードより、『Kayah』の名前で、ヴォーカリストとしてアルバム・デビューを果たしました。
その後、次々にヒットを飛ばし、今や国民的歌手とも言える不動の地位と人気を誇っています。

こちらは、初期のヒットアルバム『Stereo Type』に収録されている、私の一番大好きな『DO D.N.A』。

シンプルながら、セクシーな歌詞とメロディで、大人の恋を軽やかに歌っています。

Do D.N.A. - Kayah from Bolesław Pawica on Vimeo.

Coś stało się mi, dla twoich ust dziś nie chcę być kobietą już.
Zmieniam się w kryształu szkło, unieś mnie lecz nie kołysz mną.

Ref. Jestem pełna aż po brzeg, każda kropla jest bezcenna,
Dziś jestem pełna, Nim ulotnię się w dłonie dwie ujmij mnie,
Szybko wypij mnie do dna!

Zanurzasz się miły, a ja perłę na dnie dla ciebie mam
I ciała kwiat rozchylam by trzmiel twoich warg mógł nektar pić.

Ref. Jestem...

どうしたのかしら
あなたの唇(口づけ)のせいで
今日はもう女でいたいとは思わないの

クリスタル・グラスの中で
私は生まれ変わる
心を揺さぶりはしないけれど
私をときめかせるの

身体の隅々まで 私は満ち足りているわ
一滴 一滴が この上なくいとおしいの

今日私は満ち足りているわ
私を包む両の手から
それらが蒸発してなくなる前に
早く飲み干してね 底の底までも

恋に溺れるあなた
今日 私は あなたの為に
真珠を持っているの

そして 花びらがほころびるわ
あなたの唇が 
ミツバチのように 甘い蜜を飲むために

(自家製フィーリング訳です)

朝の目覚めを思わせる透明感が素晴らしい。

恋に弾む気持ちを上品に表していると思います。

Kayahへの想い

正直、私は、ポーランドに「胸ときめかすもの」なんて何一つ期待してませんでした。

住むところが僻地というのもあったし、結婚相手がポーランド人でなければ興味すらありませんでした。

移住したのが冬の真っ直中、積雪何十センチの頃だったせいもあるでしょうね。

部屋は寒いし、毎日曇り空だし、「うどん」もない、「おでん」もない、電飾がキラキラ輝く遊び場もない。

まあ、覚悟はしていたけど、大阪の華やかな暮らしとは比べものにならないほど地味で、質素で、味気なくて、「やってけない」みたいな気持ちになることも多かったんです。

そんな時、カー・ラジオから流れてきたのがこの曲でした。

まるで天まで突き抜けるような伸びやかな歌声と、ロマンティックな旋律。

繰り返される鐘の音がとても印象的で、その時は歌詞はまるで分からなかったけれど、恋の悦びを歌った曲なんだろうなあ、ということは何となく察しがついたものでした。

後々になって、それがポーランドの誇る歌姫Kayahのヒット曲『D.N.A』だと分かり、「ポーランドにもこんな綺麗な音楽を作る人がいるんだな」と思ったら、零下20度の世界にも希望が見えたのでした。

『D.N.A』は今でも私が一番好きなポーランドの歌だし、Kayahが日本でも有名になってくれたらな……と願ってやみません。

↓ ポーランドの賑やか結婚祭の模様はこちらです。

ポーランドの結婚式の思い出 ~ポーランドの歌姫Kayahと踊ろう『Prawy do lewego』

デュエットが美しいバラード『Procz ciebie nic』

こちらは、ハンサムな男性ヴォーカリスト、Krzysztof Kiljański(クシシュトフ キルヤニスキ)と組んだ、素敵な愛のデュエット。

ポーランドでも人気の高いラブソングの定番です。

題名の『Procz ciebie nic』は、There is nothing without you ―― 『君の他には何もない』といった感じでしょうか。

足早に過ぎ去る人生(青春)の儚さを歌った、メロウなラブソングです。

Krzysztofの優しい歌声もさることながら、Kayahのしっとりした歌唱も印象的。

私がポーランドに来た頃、よくラジオでかかっていた思い出深い曲です。

Świat szybki jak, młody wiatr pędzi co tchu
I nie ma czasu na miłość już.

Więc proszę Cię blisko bądź, kochaj mnie
Trwaj przy mnie, bo wokół wzburzone morze
Tylko Twoja dłoń. To stały ląd.

Żyj z całych sił, życie tli się płomieniem tu
Wątłym i łatwo zagasić go.

Więc proszę Cię blisko bądź, kochaj mnie
Trwaj przy mnie, bo wokół wzburzone morze
Tylko Twoja dłoń. To stały ląd.

Co los chce dać lub zabrac mi.
Dziś oprócz Ciebie wiem, nie mam nic. 2x

Więc blisko bądź i kochaj mnie
Trwaj przy mnie, bo wokół wzburzone morze
Tylko Twoja dłoń. To stały ląd.
Stały ląd.

この世のことは 足早に過ぎ去る
若い風は 一気に吹き抜けて
若い時代は 二度と戻らない

だから いとしい君よ 
どうぞ近くに来て 僕を愛して
ずっと側に居て欲しい
波立つ海のまわりで
君の手の平だけが 揺るぎない大地だから

力一杯 生きよう
人生は かすかに燃えて はかなく消えゆく
炎のようだから

だから いとしい君よ 
どうぞ近くに来て 僕を愛して
ずっと側に居て欲しい
波立つ海のまわりで
君の手の平だけが 揺るぎない大地だから

なぜ運命は与えたり 奪い去ったりするのだろう
今 君の他に 持てるものは何もない

だから いとしい君よ 
どうぞ近くに来て 僕を愛して
ずっと側に居て欲しい
波立つ海のまわりで
君の手の平だけが 揺るぎない大地だから...

CDとSpotifyの紹介

上述の『Do D.N.A』をはじめ、『Teststeron』『Nigdy Sie Nie Dowiem Czy』など、聞き応えのあるヒット曲が収録されています。

Stereo Typ by Bmg
 定価  ¥1,044
 中古 2点 & 新品  ¥500 から

Krzysztof Kiljańskiとのデュエット・アルバムはこちら。

こちらもシャープで都会的なKayahの1997年代のヒット曲が楽しめる一枚。
TVコマーシャルにも使われた『Supermenka』、AORな雰囲気を醸し出す『Na jezykach』など、ポーランド人なら誰でも一度は聞いたことのあるヒット曲が収録されています。

Zebra by 
 定価  ¥2,875
 中古 2点 & 新品   から

初回公開日 2010年11月9日

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる