子どもの許しはいつ訪れるか ~親殺しと再生について

子どもの許しはいつ訪れるか ~親殺しと再生について
あなたに知って欲しいこと

子どもが真の大人になるためには、内面的な母親殺しや父親殺しをやり遂げねばなりません。それは決して恨みや憎しみではなく、親の定めた規範や価値観を乗り越えることです。内面的な親殺しに失敗すれば、子供は「自分が死ぬか、親を殺すか」という気持ちに追い込まれ、精神的自立に失敗するのです。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

子どもの許しはいつ訪れるか

 

この世には、子どもに恨まれっぱなしの親もいます。

自分でもそれが分かっているので、自分から子どもに歩み寄ることができません。

いつもひりひりと子どもの恨みを感じるので、何をしても自信がもてず、惨めです。

恨まれても構わないと開き直る人もあるかもしれませんが、心は正直です。

無理に自分に言い聞かせても、いつかは強がりも折れてしまうのではないでしょうか。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

 家族関係を考える (講談社現代新書) (新書)
 著者  河合 隼雄 (著)
 定価  ¥902
 中古 56点 & 新品  ¥20 から
子どもの許しはいつ訪れるか ~親殺しと再生について

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる