夕暮れ 孤独

心の平和を得るために

夕暮れ 孤独

人間の孤独や苦悩の本質について考えたとき、私が真っ先に思い浮かべるのは、『エゴ』だ。

誰だって、自分が可愛い。

できれば、自分だけは傷つきたくないと思う。

そうして、いつしか心が自身の事でいっぱいになった時、私たちは利己的な欲望の塊になる。

自分を満たすことしか考えなくなる。

「つらい」「淋しい」「苦しい」・・これらのネガティブな感情は、すべて魂の餓えからくるものだ。

そしてその餓えを作り出しているのは、他でもない、自分自身である。

にもかかわらず、私たちはその事実に気付きもしなければ、認めようともしない。

いつでもその解決策を外に求め、不幸の犯人探しに明け暮れる。

その本質を理解しない限り、私たちは何を得ても、何を変えても、心の平和を手に入れることはできないだろう。

Tags:

詩想と引用の関連記事

クリムト アテネ

まったくのろわしいこの人生は 意地悪な目つきをすると思えば 今度はまた愛想よくして見せる ふざけた気持ちで 時には窮乏を 時には権力を 氷のように掻き消してみせる 

情報の海から一滴

好きな物や関心のあることだけが有為な情報ではない。 ふと目に入る広告や新聞の片隅の記事も心を傾けてみれば、いろんな気付きがある。 情報の海から『運命の一滴』を拾い出すのは奇跡のようなもの。 だが、探し求めれば、いつかは巡り会うことができる。

カップル 恋愛

[su_quote cite=”曙光“] 「君に話すようなことじゃないよ」 「話すようなことじゃなくても、誰かに言うだけで心が安らぐこともあるわ」 「君はカウンセラーのようなことを言うんだね」 「そうじゃないわ。友人 […]